コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム (2015/)

Shaun the Sheep the Movie

[Comedy/Family]
製作総指揮ピーター・ロード / ニック・パーク / デヴィッド・スプロクストン / オリヴィエ・クールソン / ロン・ハルバーン
製作ジュリー・ロックハート / ポール・キューリー
監督マーク・バートン / リチャード・スターザック
脚本マーク・バートン / リチャード・スターザック
撮影デイヴ・アレックス・リデット
美術マット・ペリー
音楽アイラン・エシュケリ
あらすじ山の牧場の判で押したような退屈な毎日から解放されようと、ひつじのショーンとその仲間たちは牧場主をぐっすり眠らせてトレーラーハウスに閉じ込めてしまった。羊たちの仕業に気づいた牧羊犬ビッツァーは牧場主を起こそうとするが、ひょんなことでトレーラーハウスが動き出し猛スピードで山を下って都会へ大暴走。牧羊犬のビッツァーも後を追うが、ショックで記憶をなくした牧場主と都会で離ればなれになってしまった。心配になったショーンたちも都会へ向かうが、飼い主のいない動物を捕まえる収容センターの凄腕捕獲人トランバーに目を付けられてしまう。クレイアニメ「ウォレスとグルミット」のスピンオフTVシリーズの映画化作。(85分) (ぽんしゅう)[投票(1)]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5絵本の主人公は…。 [review] (ナム太郎)[投票(4)]
★5通常5分の一話完結ものがどうなるかと思いきや、あるあるキャラ総出の、うれし、たのしい、なつかし、ほろりのハイセンスな娯楽映画!もう大好き! [review] (jollyjoker)[投票(3)]
★5無声映画的洗練を重ねた話法と、音楽だけが呼び起こせる類の感傷を併せ持ち、アードマン印の空惚けたユーモア「動物による人間的振舞い」の按配が絶妙を極めて毎秒毎フレームがギャグと化す。ギャグ=アクション=ストーリテリングの等式が全瞬間に妥当するのはバスター・キートンさえも凌ぐ偉業である。 (3819695)[投票(3)]
★5このところ、本家『ウォレスとグルミット』で喋らせ過ぎ感のあったアードマン、渾身の原点回帰。写真、8mmというアイテムで開幕から全力で腹筋と涙腺を壊しにかかってくるが、何より「ここにはアクションしかない」という衝撃がある。崖っ淵の攻防は『黄金狂時代』に匹敵、かつ情感まで加えて凌駕すらする。そしてアードマンの「涙」の質感はいつも僕を動揺させる。なんちゅういい映画や・・・(追伸:牧場主LOVE。) (DSCH)[投票(2)]
★4目の誇張で挙動を補い感情を伝達し、スピードとギャグの連鎖で高揚をかきたて、すべてのカットが意味を持ち最適な時間で割られ物語を推進する。チャップリン+キートン+エイゼンシュテイン。サイレント映画の原理原則と計算づくのモンタージュで寸分の無駄もない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4アクションで語る作法は確かに面白く、小粋なアイデアも多い。悪くない映画と思う。にもかかわらず、今一つ燃えないのは、農家のおっさんと家畜たちとの間に、ウォレスとグルミットのような階級を超えた絆(お互いをアクションで補完し合うような関係)が感じられなかったからではないか。 (赤い戦車)[投票(1)]
★3すべてがよく出来ていて、すべてが可愛い。青空と夕焼けと夜空がとってもきれい。セリフがはっきりしないのはTV通りのお約束。でも本作は、物語が面白くない。余りにも普通に終始した。せっかくの長編だからと、期待しすぎた。 (KEI)[投票]
Ratings
5点6人******
4点5人*****
3点2人**
2点0人
1点0人
13人平均 ★4.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Shaun the Sheep the Movie」[Google|Yahoo!]