コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years (2016/)

The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

[Documentary]
製作ナイジェル・シンクレア / スコット・パスクッチ / ブライアン・グレイザー / ロン・ハワード
監督ロン・ハワード
脚本マーク・モンロー
撮影マイケル・ウッド
音楽リック・マークマン / ダン・ピネラ / クリス・ワグナー
出演ポール・マッカートニー / リンゴ・スター / ジョン・レノン / ジョージ・ハリソン / ウーピー・ゴールドバーグ / エルヴィス・コステロ / エディ・イザード / シガーニー・ウィーバー / ニール・アスピナル / リチャード・レスター / リチャード・カーティス / ハワード・グッドール
あらすじ1950年代後半にジョン・レノンポール・マッカートニーの出会いによって結成されたバンドは数回のメンバーの入れ替わりを経て1961年に「ザ・ビートルズ」としてイギリスでデビュー、1963年にはヨーロッパツアーを成功させ1964年に米TV「エド・サリヴァン・ショー」への出演を機に世界的大ブームを巻き起こす。そして同年15ヶ国80都市での166の公演をこなすツアーが始まった…。その過酷なツアーの内部で何が変容していったかを解き明かそうとする。果たして新たな事実はあったのか…。ロン・ハワード長篇劇場映画監督第25作。 (けにろん)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ライブを見ることがあまりなかったのでそれはそれは貴重なフィルムです。解散してからの彼らの映像が僕の脳裏にこびりついているので、やはり懐かしいというか、彼らのエネルギッシュな青春のいぶき、そしてその終焉をじっくりと確かめる。 [review] (セント)[投票(1)]
★4私はジョン・レノンが銃殺されたときに大学生だった年齢ですので、劇中で演奏される曲は聞き覚えのあるものばかりでしたが、ビートルズにはさしたる興味もなくこの年になってしまいましたから、たいへん面白く鑑賞しました。 [review] (もがみがわ)[投票]
★3彼らの録音物の中でも、マッカートニーの“I Saw Her Standing There”に始まってレノンの“Twist and Shout”で幕を下ろす猛々しいロックンロール・アルバムとしての第一LPを殊に偏愛する身として、この期に及んでのビートルズ映画がバンドのライヴ活動期を特集したことには我が意を得たりの感を催す。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3一応見るでしょ [review] (ぱーこ)[投票]
★3キャーキャー騒いで卒倒しまくる女の子たちは時代の抑圧の合せ鏡で我が物顔の今と比し何といじらしいのか等と余りの退屈さに要らぬ事を考えてしまう。丹念に映像を集めたライブ集成としてのハワード生真面目演出は一方で心地よいものしか照射しないのだ。 (けにろん)[投票]
★3もし貴方がビートルズ初心者でないなら、いつもの有名な話が閃きもなく繰り返されるのにウンザリすること請け合い。ただ、シェア・スタジアムのライブが30分、映画館で観られるのは嬉しいオマケ。本編★2、付録★4。 (寒山)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点5人*****
2点0人
1点0人
8人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years」[Google|Yahoo!]