コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

スウィート17モンスター (2016/)

The Edge of Seventeen

[Comedy/Drama]
製作ジュリー・アンセル / ジェームズ・L・ブルックス
監督ケリー・フレモン
脚本ケリー・フレモン
撮影ダグ・エメット
美術ウィリアム・アーノルド
音楽アトリ・オルヴァルッソン
衣装カーラ・ヘットランド
出演ヘイリー・スタインフェルド / ヘイリー・ルー・リチャードソン / ブレイク・ジェナー / キーラ・セジウィック / ヘイデン・セットー / アレクサンダー・カルヴァート / ウディ・ハレルソン
あらすじ17歳のネイディーンヘイリー・スタインフェルドは、小さい頃はいじめられっ子で今は嫌われっ子だけど、それは世の中の方がおかしい!それに彼女にはたった一人だが絶対の親友クリスタヘイリー・ルー・リチャードソンがいる!ところがなんという事、そのクリスタが、友達いっぱい社交的で自信満々で大嫌いなナルシスト兄ダリアンブレイク・ジェナーとヤッてしまい恋人に!!すべてに裏切られてしまったネイディーンの暴走は担任教師ウディ・ハレルソン、母親キーラ・セジウィックへと周囲に迷惑を撒き散らし…(104分) (シーチキン)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5失恋と妥協の普遍な真実や不寛容ゆえの居場所探しは有りがちだがヘイリー・スタインフェルドの見てるだけで一瞬たりとも飽きぬ太い眉毛とがっしり体躯のアンビバレンツ。棒立ち姿が絶品。母娘と兄妹という2つの関係への真摯な言及が奥行きを広げている。 (けにろん)[投票(2)]
★5その辞書に「ごめんなさい」という言葉がない17歳の、一大空回り活劇への共感は、過ぎ去りし時を美しく、幸せに感じさせてくれる。採点は大甘酸っぱい5点で。 [review] (シーチキン)[投票(2)]
★4否定されるべき人物が一人も出てこない。といって、安易さやあざとさもない。嫌味なく、嫌味な少女を好演するヘイリー・スタインフェルドの自然体が、自然体でいることの難しさと大切さを素直に納得させてくれる。彼女は、嘆きはするが、決して泣かないのだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3不器用でめんどくさいガキンチョ女子高生が一皮むけて素直になるだけの話なんだけど、若い衆を成長させる不可逆の一夜が地味ながら感動する。いつもワル役のウディ・ハレルソンがいい先生を演じてて素晴らしい。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★3まあ、可愛らしい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
Ratings
5点3人***
4点6人******
3点3人***
2点0人
1点0人
12人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「スウィート17モンスター」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Edge of Seventeen」[Google|Yahoo!]