コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

テリー・ギリアムのドン・キホーテ (2018/スペインベルギーポルトガル)

The Man Who Killed Don Quixote

[Fantasy/Comedy]
製作ヘラルド・エレーロ / マリエラ・ベスイエフスキー / エイミー・ギリアム
監督テリー・ギリアム
脚本テリー・ギリアム / トニー・グリゾーニ
原作ミゲル・デ・セルバンテス
撮影ニコラ・ペコリーニ
美術ベンジャミン・フェルナンデス
音楽ロケ・バニョス
衣装レナ・モッサム
特撮オスカル・アバデス / レジェス・アバデス
出演ジョナサン・プライス / アダム・ドライヴァー / オルガ・キュリレンコ / ステラン・スカルスゴール / ジョアナ・ヒベイロ / ホヴィク・ケウチケリアン / オスカル・ハエナダ / ロッシ・デ・パルマ / ジェイソン・ワトキンズ
あらすじかつて処女長編映画『ドン・キホーテを殺した男』で名声を得たが、今はCM監督を生業としているトビー(アダム・ドライヴァー)は、久々にスペインを舞台にCMを撮っていたが、行き詰まり煩悶していた。スポンサーであるボス(ステラン・スカルスゴール)の妻ジャッキ(オルガ・キュリレンコ)に誘惑され、何もせぬうちに浮気を疑ったボスより逃げることとなったトビー。彼は、気分替えに処女作の現場の村を訪れ、主役を演じさせた靴職人のハビエル(ジョナサン・プライス)が、老いぼれて自分はドン・キホーテだとの妄想に生きていることを知る。だが、彼の従者サンチョとして旅に出ることになる運命を、まだトビーは知らなかった。〔133分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全4 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3ギリアムの『8 1/2』。ギリアムの人生がオーバーラップするからこそ逆に、観る者は迷宮から現実に引き戻されてしまう。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3妄執に囚われた爺さんがやっとこ現世に帰還できたら運命の皮肉という悲哀は、姫救出の正ロマンティシズムと噛み合い損ねる。何より時空を超える奇想譚としてギリアムの才気が恰も寝かせすぎて気の抜けたワインの如しで念願叶って良かったねが精々である。 (けにろん)[投票(2)]
★3ギリアムならではの魔法のような素晴らしい瞬間も少なくないのだ。序盤の過去と現在の交錯なんかビンビンに冴えてる。しかしあまりにも気まぐれに脈絡なく振り回されすぎて、だんだんどうでもよくなってしまうんだ。こう書くのはまことにつらく残念なのだ… (ペンクロフ)[投票(2)]
★2ギリアムが主人公らに仮託しようとした思いが酷く焦点が甘いのか、あるいは観客たる自分が理解していても「いつものこと」とそれを受け取るのにためらいを感じているのか、いずれにせよ「ごっこ遊び」の2時間と見えてしまう。『ロスト・イン・ラ・マンチャ』以降の20年は何に費やされてきたのか、今となってはかなりどうでもいい観覧後感。 (水那岐)[投票(3)]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点3人***
2点2人**
1点0人
8人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Man Who Killed Don Quixote」[Google|Yahoo!]