コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] モード家の一夜(1968/仏)
- 更新順 (1/1) -

★4会話のテンポが悉く良い。特に際立っているのはトランティニャンファビアンヴィテーズの三者が一つの部屋で話す場面。ロメールの編集リズムの見事さ。ラストもぐっとくる。 (赤い戦車)[投票]
★3「女」の心理を見つめる、傍観者としての「男」の心理を照射したロメール節がSO-SOな作品 [review] (junojuna)[投票]
★3些細な内容ながら敏感さと思考の深さを感じさせるやり取りの数々。しかも非常に分かりやすい。デカい感銘はないが覚えのある感情や共感に出くわすと「こういうことを言う(撮る)人もいてくれたんだ」と嬉しくなる。★3.5 (ドド)[投票(1)]
★4パスカルやレーニンを語りながら、女性の色香を発散させる女のいる不思議。美しい女が議論の相手になるのは一風変わった趣きがあるが、それは愛の行為に結びつく要素ではないからなあ…どちらかと言えばアレゴリカルな物語として、一歩引いて観るお話。 (水那岐)[投票]
★5タイトルで判る通り殆ど室内でしかも夜の場面。全編、優しく美しい光に溢れていて、また会話がちょっと滑稽で、同時に何だかドキドキさせてくれる。アルメンドロスの才能は『クレールの膝』のカラーの方が顕著に判るかも知れないが、私はこの白黒撮影の方が好きだ。 (ゑぎ)[投票(1)]
★4皮肉をちょっと盛った味のある会話劇。フランス人って、ホントこんなに負けを認めない人種なのだろうか?(笑) [review] (くたー)[投票(2)]
★5ロメール作品で「お勧めは?」と聞かれれば他の作品を選ぶだろうけど,「好きなのは?」と聞かれると,この作品を選ぶかもしれない.それにしても,ロメールは男心のせつなく弱い部分を突いてくる. [review] (Passing Pleasures)[投票(4)]
★5とにかくストーリーがすごく面白かった。 (kaki)[投票]