コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 天使のはらわた 赤い淫画(1981/日)
- 更新順 (1/1) -

★4清々しい後味。ラストの笑顔とストップモーションがいい。 (赤い戦車)[投票]
★5赤外線にあぶり出された交わることの無い股間。名美と村木、求めたのは暖かさ。冷たい冬の雨に打たれながらも、ふたりの孤独は互いの熱を感じとる。発火寸前の微熱。無機質な西新宿に吸い込まれる微熱。都市の冷血、やっぱりひとり。 (ぽんしゅう)[投票]
★2ロマンポルノってやっぱり男の人の為の映画なんだなぁって思いながら見てた。でも村木はある意味幸せだったかもしれないし、なんといっても最後の名美の笑顔が本当に美しかった。だから★2 (picolax)[投票]
★4二人の出会いは『タクシー・ドライバー』を想起させた。延々と走るシーンの緊張感などなかなかのものだ。しかし突出しているのはあの感動的なマスターベーションのシーンだろう。泉じゅんは感動的だ。 (ゑぎ)[投票]
★5泉じゅんファンにはたまらない作品。体を張ってよくやった。ラストの笑顔は天使も菩薩も超えている。個人的には「赤い教室」を凌いでいると思う。 (ユージ)[投票(1)]
★4雨の公園で「じゃ、その本やぶってよ」って言われて自分の大事なそのエロ本を破って、でも、それに雨がかからないようにかぶさるようにうずくまってしまう。ああ、切ないぜ。。。。 (ニシザワ)[投票(2)]
★3都市に生きる若い女と青年の湿ったエロスを色彩鮮やかに映し出す。 (きめこめ)[投票]