コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)

メリル・ストリープの会心の演技が良い。説得力というか、史実にふさわしいリアルさがある。それにしても史実の映画化なのに、今の我々から見れば「こうであるべきだ」と理想論を描いた物語に見えてしまうのは、実はとんでもない不幸ではないだろうか。
シーチキン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







猪突猛進のトム・ハンクスの役どころに比べると、メリル・ストリープの方は時に戸惑い、そしてびびりながらも前に進んでいく、まさに葛藤と決断の様を、生々しく演じていたと思う。その生々しさが、このテーマの重さを表していると思う。

彼女は他の映画では、時には自信満々、傲岸不遜のイケイケを演じる事もあるから、本作ではまさに、悩んだり迷ったりしながら決断を下すように演じたのだろうなあ。流石というか、たいした女優だと改めて思った。

それに社会的なテーマではあるが、新聞製作過程を実に映画的にみせるというか、ドラマチックに見せていて、セットの演出の秀逸さも光る一本だと思う。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (2 人)おーい粗茶 ゑぎ[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。