コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ロシュフォールの恋人たち(1967/仏)

画面の隅々にまで行き渡った統制とそれによる充実は『プレイタイム』を除いたジャック・タチに比肩する。しかもそれをロケーション撮影でやってのけるのだから驚愕してしまう。空間的には「広場」と「カフェ」がいい。とりわけ広場シーンにおいて群舞を捉える引きのクレーン・カットには中毒的な魅力がある。
3819695

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







すべての衣裳や造形物の色彩、画面の端に小さく写り込んだエキストラの表情や所作に至るまで、全篇をドゥミの美意識が支配している。そこで連想されるのはやはりタチで、さすがに『プレイタイム』ほどの峻厳さこそないものの、ここまで偏執的に撮られた映画が開放感と温かみを獲得しえているのは驚異的なことだ。祝祭的空気のラスト・シークェンスで演じられるカトリーヌ・ドヌーヴと画家兵士ジャック・ペランのすれ違い、およびそこから真のハッピー・エンディングに持っていくサスペンスフルな演出の安定感など、画のみならず劇の手綱さばきも第一級だ。大好きなシーンは数え切れないほどあるけれども、ここでは、ドヌーヴがステップを踏みながら画廊に行くまでの序盤の横移動ワンカット・シーンを挙げておく。キャラクタのエモーションという点では何の起伏もないはずのこのシーン、しかし画面から溢れ出る幸福感ときたらただごとではない。

また、「アメリカの」ミュージカルを大真面目かつひたすら楽しくやってみせたこの映画にジーン・ケリーを出演させられたことは、ドゥミにとって、『ウエスタン』にヘンリー・フォンダを招聘できたセルジオ・レオーネにも似た感慨があっただろう。ドヌーヴはフランソワーズ・ドルレアックとともに少々メイキャップがきついかしらと思うが、その所作のコケットリーは『シェルブールの雨傘』に倍する。ジョージ・チャキリスの相方グローバー・デイルとペランは笑顔が素敵ですぐに好きになってしまう。ウェイトレスのジュヌヴィエーヴ・テニエも可愛い。ディナー中にいつのまにか寝てしまっているドヌーヴの弟だとか、ドゥミの演出は役の大小にかかわらずキャラクタを魅力的に見せることに妥協がない。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (4 人)動物園のクマ[*] 水那岐[*] 緑雨[*] けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。