コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

百貨店大百科 (1992/)

Riens du tout

[Comedy]
製作アドリーヌ・ルカリエ
監督セドリック・クラピッシュ
脚本セドリック・クラピッシュ
出演ファブリス・ルキーニ / ジャン・ピエール・ダルッサン
あらすじパリの百貨店。本社では、経営不振のため売却の話が進んでいる。そんな中、経営建て直しのために一人の社長がやってくる。その社長が目にした光景は、メチャクチャな店員たちの接客態度だった。社長は経営改善の一環として、彼らの研修を始める。そんな状態にも危機感を抱かずマイペースを保っている店員たちの姿を描く。 ()[投票]
Comments
全17 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5あなたはあなた。私は私。それでいいのか悪いのか・・・男前な店員さんのガラス張りのアパートが印象的。 (エクスプレス)[投票]
★5クラピッシュ監督大好きです。 (mau2001)[投票]
★4百貨店には何でもあるって本当? [review] (まー)[投票(1)]
★4たくさん出てくる百貨店の従業員達。たくさん出てくるのにも関わらず、 そのキャラクター達個人個人のキャラクターが見た後、皆印象に残っていて、 映画も一人一人からと言う感じがする、それが良い。 [review] (あき♪)[投票]
★4テーマとかストーリーは、正直どうでもいい感じ。 各々のエピソードを無理につなげずに断片だけ取って、見れば結構面白いよ。 [review] (よちゃく)[投票]
★4これってどっちかというと「日本的経営」に近くない?それがうまくいくものなら、某自動車メーカーもフランス資本下に入ることはなかったはずだが・・・。 (G31)[投票]
★4かなり好き。グループ活動が苦痛だった人、社員研修が辛かった人にお勧め。 (そね)[投票]
★4これは憎めない。 (ミイ)[投票]
★4百貨店の中に世界が映し出されてる! (ちゃん)[投票]
★3タイトルだけでワクワクする私は孤独な現代人。 (ドド)[投票(1)]
★3無声映画を思い起こすような邦題が素敵。ヨーロッパではウィンドウの飾りつけも店員さんがやるんだ...センス悪いといつも思ってました。 (りかちゅ)[投票]
★3クラピッシュの百貨店映画、なかなかそそられる設定だったが、結果的にキャラクター百科、エピソード百科で店開きされてしまい、感情移入しにくかった。残念。 (ニュー人生ゲーム)[投票]
★3クラピッシュらしい、くだらなさは楽しめる。でも、ちょっとまとまりきれてない印象。 ()[投票]
★3フランス人も感じるのか?はまってみると心地よい「一致団結」。 (おーい粗茶)[投票]
★3えらいヒトも現場を知っておくべきですね。 (YUKA)[投票]
★2ごめんなさい、あまりにも日本のデパートとのギャップがありすぎて・・・、最後もコメディというかあまりにも皮肉たっぷりで・・・。 (washout)[投票]
★0見てないけどタイトル大好き。ひゃっかてんだいひゃっかひゃっかてんだいひゃっかひゃっかてんだいひゃっか。 (nsx)[投票]
Ratings
5点6人******
4点14人**************
3点17人*****************
2点5人*****
1点1人*
43人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
インテリアがいけている映画 (エクスプレス)[投票(4)]このタイトルがすごい! (nsx)[投票]
いいぞ!クラピッシュ監督 (mau2001)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「百貨店大百科」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Riens du tout」[Google|Yahoo!]