コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

トッポ・ジージョのボタン戦争 (1967/)

Topo Gigio e la guerra del missile
Topo Gigio and the Missile War

[Animation/Fantasy]
製作青山ヨシオ / フィデリコ・カルドーラ / 市川崑
監督市川崑
脚本市川崑 / 永六輔 / アルベルト・オンガロ / フィデリコ・カルドーラ
撮影長野重一
美術マリオ・ミラーニ / 青木浩
音楽中村八大
特撮マリア・ペレーゴ
出演中村メイコ / 小林桂樹 / 大平透
あらすじトッポはイタリア語でネズミ。だからネズミのジージョ。ちょっと自分勝手なところもあるけど、純朴で愛すべき男の子。 ある夜、ジージョは眠れなかったんだ。近所の自動車事故で大地震(ネズミの家は小さいですからね)。部屋はメチャクチャ。それにノミの兄弟まであらわれて。だからジージョは夜の街に出たんだ。たった一人でね。 そして、風船と友達になったり、悪者と対決したり、ジージョの一晩の冒険が始まるんだ。 [more] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ス…スポンジ!? [review] (づん)[投票(3)]
★5モー、ビックリ!ミッキーマウスに見せてやりたい [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★5体が小さいほど言うことが偉そうになる、不思議な世界。 [review] (パグのしっぽ)[投票]
★4何がどうしてこうなったのか。日伊合作市川崑監督パペット・ムーヴィ(しかし人間も出る)『トッポ・ジージョ』しかも『ボタン戦争』(Missile War)とは。映画においては「企画」と呼ばれる段階にこそ最も人智を超えた禍々しいサムシングが潜んでいるのやも知れぬ。 [review] (3819695)[投票(2)]
★4人形の擬人化と人間の戯画化の妙。映画的表現に固執することなく、むしろテレビ的テクニックを素直に取り込み縦横無尽に駆使する市川崑のアバンギャルド性は、まさに映像クリエーターの先駆。そういえば、当時の子供たちの間で核の話しは日常的な話題でした。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4監督の持つセンスがあふれ出ている。お洒落と可愛いの両立を高次元で成立させている可愛らしい子供に見せたい作品かと思いきや、黒い方向に進んでしまう。キャラクターものの許容領域をはみでていた。 [review] (t3b)[投票]
★4カット・照明・ユーモア・ペーソスetc・・・紛れもない市川崑の映画でした。 [review] (3WA.C)[投票]
★4手作り間溢れるジージョが何とも言えず可愛いのに、今知っている人は極僅か。絶対流行るのになぁ・・・こんな可愛いのに。 2005年3月11日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票]
★3真っ暗な画面に浮き上がる尖鋭的な構図。もうアヴァンギャルド映画です。何度も『黄金の七人』の宣伝をしてくれるのがおかしい。ヒットしてたんだなあ。この映画の銀行やぶりも結構面白い。 [review] (ジョー・チップ)[投票(4)]
★3目に悪いゾ。(05・11・03) [review] (山本美容室)[投票]
Ratings
5点4人****
4点6人******
3点3人***
2点0人
1点0人
13人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「トッポ・ジージョのボタン戦争」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Topo Gigio and the Missile War」[Google|Yahoo!]