コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

トム・アット・ザ・ファーム (2013/カナダ)

Tom à la ferme
Tom at the Farm

[Drama/Thriller]
製作総指揮グザヴィエ・ドラン / ナンシー・グラン
製作ナタナエル・カルミッツ / シャルル・ジリベール / グザヴィエ・ドラン
監督グザヴィエ・ドラン
脚本グザヴィエ・ドラン / ミシェル・マーク・ブシャルド
原作ミシェル・マーク・ブシャルド
撮影アンドレ・トュルパン
美術コロンブ・ラビ
音楽ガブリエル・ヤレド
衣装グザヴィエ・ドラン
出演グザヴィエ・ドラン / ピエール・イヴ・カルディナル / リズ・ロワ / エヴリーヌ・ブロシュ / マニュエル・タドロス
あらすじ恋人の男ギヨームを失った青年トム(グザヴィエ・ドラン)は、葬式に出席すべく彼の故郷へ向かう。ギヨームの母アガット(リズ・ロワ)は落胆をあらわにしながらもトムの訪問を喜んでくれたが、その夜屈強な男がトムに詰め寄り、アガットに変なことを教えずギヨームの友人として演技しろと強要する。彼はギヨームの兄フランシス(ピエール=イヴ・カルディナル)であり、命令に従わないトムに容赦なく暴力をふるうが、アガットを哀れに思うトムは敢えてフランシスの元を去らなかった。だがフランシスの専横は度を越してゆき、弟の架空の「恋人」である娘の来訪を求める。トムは女友達サラ(エヴリーヌ・ブロシュ)を呼び恋人の演技をさせるのだった。〔102分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4被った屈辱がセクシャリティの一環として解釈し直されると屈辱が消えてしまう。相手の昂奮を誘引した自分に優位性が出てくる。嫌悪感を中性化しようとするこのような作用は全編に渡って見受けられる。 [review] (disjunctive)[投票(2)]
★4カメラの寄り引きの按配がユニックだったとして、それが積極的に好ましい効果を結んでいたとも思えない。画力には依然として疑問符がついて回るとは云え、しかしグザヴィエ・ドランが耳のよい演出家であることは確かなようだ。時宜と程度をよく弁えた劇伴音楽と音響が上首尾にスリラーを推し進めている。 [review] (3819695)[投票(1)]
★4嘘と自覚とDV。弱冠25歳の天才「平成生まれじゃん!」でおなじみグザヴィエ・ドランの恐るべき若造っぷりをまざまざと見せつけられる映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★3開映後しばらく、『砂の女』めいた不条理の律する恐怖劇かと思いながら画面を眺めていたが、フランシスの意外な弱さを取り上げるまでもなくそれは錯覚だった。それと同時にこの作品は文学的色彩をポップな音楽で偽装しつつ、実は文学でなくノーマルな映画的芝居に変質していることに気づく。単なるスリラーであると見れば、高尚さをかなぐり捨てた低俗さは立派な武器になってくれるだろう。 (水那岐)[投票(2)]
★3全てが繊細で痛々しい。グザヴィエ・ドランの雰囲気がすごい。 (あちこ)[投票]
★3母親からのゆがんだ溺愛と世間からの差別に、ドランはいつも大爆発している。彼の中の冷静さと抑圧からの脱却願望のアンバランスが見ているこちらを居心地悪くする。 (jollyjoker)[投票]
Ratings
5点0人
4点4人****
3点3人***
2点0人
1点0人
7人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「トム・アット・ザ・ファーム」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Tom at the Farm」[Google|Yahoo!]