コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

カフェ・ソサエティ (2016/)

Café Society

[Drama/Romance/Comedy]
製作総指揮ロナルド・L・チェズ / アダム・B・スターン / マーク・スターン
製作レッティ・アロンソン / スティーヴン・テネンバウム / エドワード・ウォルソン
監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン
撮影ヴィットリオ・ストラーロ
美術サント・ロカスト
衣装スージー・ベインジガー
出演ジェシー・アイゼンバーグ / クリステン・スチュワート / ブレイク・ライヴリー / スティーヴ・カレル / ジーニー・バーリン / パーカー・ポージー / コーリー・ストール / ケン・ストット
あらすじウディ・アレン監督が1930年代のハリウッドとNYを舞台にクリステン・スチュワートをミューズに描く。勃興期のハリウッドでやり手の大物プロデューサー・フィルスティーヴ・カレルはNYの姉から家業を嫌いハリウッドに出た息子ボビージェシー・アイゼンバーグの世話を頼まれ秘書ヴォニークリステン・スチュワートに任せる。すっかりヴォニーにのぼせたボビーだが彼女には恋人が…やがて傷心の彼はNYに戻りギャングの兄ベンコーリー・ストールの店を手伝いハリウッド時代の伝手をいかして店を大成功させるが…(96分) (シーチキン)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ウディ・アレン原点回帰という評判だったが、ウディ・アレンの集大成だった。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★4久々のアレン映画。だいたいあまり僕と相性が良くない作家です。でもいつも見てしまっていた。で、今回はまた何となく気になり見てしまった。そしてこの映画はアレン版「ラ・ラ・ランド」のようで、、。 [review] (セント)[投票]
★3相変わらずウディ・アレンは女優を魅力的に撮るが、本作の見所はほぼ クリステン・スチュワートだけで、毒にも薬にもならない映画に思えた。 [review] (シーチキン)[投票(3)]
★3欧州行脚を謳歌したアレン帰国後初のNY回帰。相かわらず好調なハリウッド風刺にほくそ笑むも、起死回生“カフェ・ソサエティ”のざまあ見ろ効果はどこえやら。純情ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は好青年のまま、もの分り良さげな「おとな」に成り下る。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3それほど大したことない話を、大した話であるかのように、盛り上げようとしてるけど、ちょっと残念でした。 [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★3一種の批評精神に独特の諧謔嗜好が加わるアレン掌中の語りは影を潜めメロウな情に流れる。他者を語るにシニカルな奴の自己愛は無様。初期『マンハッタン』と同質でも技法のエッジは消失。ストラーロとの初タッグもデジタルの平板さだけが浮き上がる。 (けにろん)[投票(1)]
★3キャッチコピーはビタースウィート、大人のおとぎ話だが、ビターでもおとぎ話でも無い。真面目な男は気の強い派手な女に憧れるものだが、所詮上手くは行かない。合うのは同じ真面目な女だ。そんなキャラの色分けがよく出来ている。シックな衣装はシャネルだそうだ。 (KEI)[投票]
Ratings
5点2人**
4点2人**
3点9人*********
2点2人**
1点0人
15人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
就職先、映画業界とりあえず希望 (ぽんしゅう)[投票(12)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「カフェ・ソサエティ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Café Society」[Google|Yahoo!]