コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

コキーユ・貝殻 (1998/)

[Romance]
製作中川滋弘
監督中原俊
脚本山田耕大
原作山本おさむ
撮影上野彰吾
音楽山田武彦
出演小林薫 / 風吹ジュン / 益岡徹 / 深水三章 / 吉村実子 / 金久美子 / 浜丘麻矢
あらすじ中学の同窓会に出席した浦山(小林薫)は30年ぶりに直子(風吹ジュン)と出会う。彼女は結婚後に東京に引っ越してずっと同窓会にも出席していなかったが、離婚して郷里に帰って来たのだ。浦山は直子のことを思い出そうとするが、クラスでも目立たなかったというくらいしか覚えていないのだった。後日、たまたま、上司の黒田(深水三章)と「コキーユ」というスナックを訪れると、直子がやってる店であった。それがきっかけで、浦山は直子の店に通うようになるのだが…。山本おさむのコミックを映画化した中原俊の劇場映画監督第20作。 (けにろん)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4記憶の深層に畳み込まれた思い出が時を経て切ないまでに醗酵した後に引きずり出されたようだ。節度ある中年の男女の越えられない一線は一度限りのリプレイできない思い出として再度仕舞いこまれる。ラストの小林薫の思いには共感以外のなにものもない。 (けにろん)[投票(2)]
★480分程に引締めれば更によかったが、会わない間が無にもなる同級生魔力を元に惹かれあう男女の普通さが肝。特に「いい人」である男の職場や家族の盛り込み方が絶妙で、同時期作『失楽園』のような寒々しさがないのがよい。だからラストが響く。主役2人も好演。 (ナム太郎)[投票(1)]
★4女のファンタジーか男のメルヘンか [review] (FRAGILE)[投票(1)]
★4風吹ジュンがいい味出している。昔アイドルのいい年の取り方のお手本にしたい。内容はいかにもコミック誌原作って感じでそれも悪くない。 (ぱーこ)[投票]
★3耳元でささやいた想いが届かない。30年前の行き違いの真相を知った瞬間に、直子が見せる戸惑いと安堵と諦念が入り混じった表情が実に切ない。過ぎ去った時間のなんと残酷なこと。痛いほどの想いを引きずり、怖さすら感じさせる女を風吹ジュンが好演。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3時の流れの惨酷と慰撫。後一歩の描き込みがあれば秀作(かも)。 [review] (ハイタカ)[投票(1)]
★3そーいえば、浜丘麻矢って最近見ないなぁ〜って思いました。よくあるストーリーだけど、自分に重ね合わせて想像できました。 (ぱちーの)[投票]
★3最初からある程度ラストは読めてしまうが、主演二人が良いので見れる。小林薫のこういう役は絶品。['03.6.24VIDEO] (直人)[投票]
★3こういったセンチメンタルなドラマもたまにならいいんじゃないでしょうか? (Cuppy)[投票]
★2どうもこの監督の演出テンポはイマイチ好きになれない。いい話をいつも中途半端にまとめてしまってる気がする。 (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★2ラストまでけっこう退屈な話だけど、風吹ジュンは好きなんで見てしまった。 (かふ)[投票]
Ratings
5点0人
4点10人**********
3点12人************
2点5人*****
1点0人
27人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
隠れた名作、あるいは迷作? (Linus)[投票(8)]おじさんの恋。おばさんの愛。 (ぽんしゅう)[投票(6)]
Links
検索「コキーユ・貝殻」[Google|Yahoo!(J)|goo]