コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

牛乳瓶

[参加掲示板] [招待者: づん]
→気に入られた投票気に入った→
127コメント512
2あらすじ

Comments

最近のコメント 10
★4LOVEDEATH ラブデス(2006/日)タランティーノもビックリのB級映画。しかも、3分に1回笑えるというオマケ付き!でも、1回見ればいいや。 [review][投票]
★3ドルフィンブルー フジ、もういちど宙〈そら〉へ(2007/日)動物好きの心を嫌らしい位に揺さぶることが出来る題材であるが、涙すらこぼれない。実際のフジの姿は感動を呼ぶが、全てが中途半端に終わってしまい映画的盛り上がりに欠けてしまった作品。 [review][投票]
★4プラダを着た悪魔(2006/米)メリル・ストリープって、劇中で編集長やるほどオシャレだったかなぁ・・・?ストリープの初登場シーン、アン・ハサウェイ見ているよりもドキドキしちゃった。ストリープはいやらしい事に、どこが自分の最大の見せ場なのかを知っていた。 [review][投票(2)]
★4うなぎ(1997/日)マリー・アントワネット』=キルスティン・ダンスト、『カポーティ』=フィリップ・シーモア・ホフマン、『うなぎ』=役所広司。タイトルが「山下拓郎」じゃなくてよかった。 [review][投票(2)]
★4プラネット・テラー in グラインドハウス(2007/米)グラインドハウス』・・・それはお色気シーンのフィルムを映写技師が持って帰る場所。 [review][投票(2)]
★5デス・プルーフ in グラインドハウス(2007/米)1800円じゃワリにあわねぇ!!でも、☆5点満点なんだよッ!なんたって、上映後に拍手が起きた映画だぜ! [review][投票]
★4天然コケッコー(2007/日)あの時代にもう戻れないと思うと、あの時の些細な出来事、怒ったこと、泣いたこと、笑ったこと…すべてが愛おしい。 [review][投票(3)]
★4くちづけ(1957/日)どのシーンが一番好きかと聞かれたら、間違いなく「小沢栄太郎さんが出演した最初のワンシーンです」と答えます。 [review][投票]
★2図鑑に載ってない虫(2007/日)どうしちゃったんだ、三木監督?ネタは満載だが、どれも笑えない。ゴールデンコンビ=岩松×ふせえりでさえ、大して面白くない。前作までは劇場でも大爆笑しちゃう程の傑作だったのに、何故?レビューでは面白くない理由を考察⇒ [review][投票(2)]
★3消えた天使(2007/米)アンドリュー・ラウ監督作品ということで、期待するも、イマイチ。人と人の絡み合う場面が少なく、物語は暴力的なリチャード・ギア演じる捜査官の視点から進められていく。暴力捜査官を2時間見せられて、真犯人が現れても別段、映画的興奮が起きるわけでもない。 [review][投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★0その男の本、198ページ(2008/韓国)図書館で働くウンス(ユジン)は失恋をして以来、人生の目的を見失いつつあった。ある時、図書館で本のページを次々に破る男・ジュノ(イ・ドンウク)を見つけ警察に通報する。ジュノが図書館でひきつけを起こした男を助けた事から徐々に親しくなる二人。ジュノは愛する女性から「私の気持ちはその本の198ページにあります」というメモを受け、「その本」を探しているのだった。ウンスはその事実を知り「その本」を探すために協力していく。[投票]
★1ミスにんじん(2008/韓国)高校のロシア語教師ヤン・ミスク(コン・ヒョジン)は、何かあるとすぐに顔が赤くなる顔面紅潮症だ。その思い込みの激しさから、同僚のソ先生(イ・ジョンヒョク)が自分を好きなんだと思い込んでいた。学校側からロシア語の不人気により、ミスクに中学校の英語教師の辞令が出る。英語が出来ないミスクは同僚の同じロシア語教師のイ・ユリ先生を敵視する。ソ先生とイ先生の間に恋心が芽生えているのを察知したヤン・ミスクは、ソ先生の一人娘とタッグを組んで、二人の仲を引き裂こうと様々な作戦を展開する。[投票]
★4渇き(2009/韓国)敬虔なカトリックの神父であるサンヒョク(ソン・ガンホ)は、病院で患者たちを看取る事に疲れ果て、自らの無力さを痛感していた。献身的な想いが募るサンヒョンは、奇病を治すワクチンを開発しているというアフリカの施設を訪ね、その実験に参加する。その実験により、サンヒョンは死の淵を彷徨うが、輸血により蘇生する。他の500人の実験参加者たちが死亡した中でのサンヒョクの復活は、信者たちに奇跡と評され、サンヒョクは奇跡の復活を遂げた神父として、本人の意思はよそに信仰を集めることになる。しかし、サンヒョクは陽の光を浴びては生きられない、吸血鬼となっていた・・・そんな中、サンヒョクは幼馴染であったガンウの妻テジュと知り合い、惹かれあっていく。[投票]
★0渇いた太陽(1962/米)映画俳優を志すチャンス・ウェイン(ポール・ニューマン)は、酔い潰れ麻薬に溺れた今は落ち目の女優アレクサンドラ・デ・ラーゴ(ジェラルディン・ペイジ)を連れて故郷であるフロリダ州セント・クラウドへ戻ってくる。チャンスはかつて、この街の有力政治家であるフィンリー(エド・ベグリー)の娘、ヘブンリー(シャーリー・ナイト)と恋仲になっていたが、フィンリーの策略により無理やり引き離されていた。チャンスはヘブンリーになんとか連絡を取ろうとするが、チャンスに街から出ていくように進言する。一方で映画の主演を切望するチャンスは、アレクサンドラに取り入るのであった。1962年アカデミー助演男優賞(エド・ベグリー)受賞。[投票]
★5ラジオスター(2006/韓国)1988年の芸能大賞を受賞した歌手のチェ・ゴン(パク・ジュンフン )。一時期は大スターであったが、2006年の今は場末のカフェでギターを弾くチェ・ゴンは、麻薬や酒、暴力でかつての栄光は失われていた。カフェで客ともめ事を起こし、留置場へ入れられたゴン。ゴンを20年以上家族のように支え続けてきたマネージャーのパク・ミンス(アン・ソンギ )は、保釈金探しに奔走する。保釈金を探し求めている間に、ミンスの知人の放送局の局長よりゴンが田舎のヨンウォルにてラジオのDJをすれば、保釈金を出すとの依頼を受ける。[投票]