コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 護られなかった者たちへ(2021/日)
- 更新順 (1/1) -

★4阿部寛のパートがやや目立ち過ぎと思う。エンドロールみて初めて「え?主役じゃなかったの?」と思ってしまった。 [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★3生活保護の実態など知らなかったことを教えてくれた本作。見応えはあったけれども東日本大震災と絡めないといけなかったかなぁ? せめてけいさん、カンちゃん、利根の3人の関係性をもっと時間をかけて描く必要はあったように思う。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★5ラストのドラマチック過ぎる阿部と佐藤の独白が本作をある意味エンタメ側面たらしめてる。それとは別に、結果としてこの物語はラストから遡って観る事に醍醐味が。「ありがとう」「笑顔」…日々何の気なしに使う一言・その気持ち。あの婆ちゃん(倍賞)の生き方を介し自分は涙しかなかったが、彼女(清原)は毅然としてた。対して佐藤はややブレがあった。でもそれらも許容してこそのセーフティネット、でなければだ。 (クワドラAS)[投票]
★33.11の悲劇と混乱が冒頭に置かれるが数年後の事件の動機づけに直接結びつかず、代わって浮上する生活保護申請の件が重心として均衡しない。担当者個人の問題に矮小化された感が拭えず居心地悪い。震災の描写が力のこもったものだけに尚更。演者は皆良い。 (けにろん)[投票(2)]
★3難しい題材で、意志がなければ成立し得ない映画だ。その想いは評価に値する。☆3.8点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4傑作。黄色い上着の映画。阿部寛の息子が津波にのみこまれる時に着ていたという、黄色のジャケットが全編を支配する。この一貫性は圧倒的だ。これは、とても見応えのある映画だ。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★5佐藤健の熱演には心を打つものがあった。世をすねたような人相の悪さの裏には何があったのか、ラストの独白には納得させるものがあった。また清原果耶も好演しているし、阿部寛はいつもの彼で安定している。 [review] (シーチキン)[投票(1)]