コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 暁の合唱(1941/日)
- 更新順 (1/1) -

★4時代から半歩進んだ優等生・朋子(木暮実千代)の魅力が、男どもを圧倒していくさまがたくましくも微笑ましい。田舎道を行く武骨なバスと繰り広げられるエピソードも楽しく、日米開戦の年に、こんな大らかな喜劇を撮っていた清水宏ら映画人に脱帽する。 (ぽんしゅう)[投票]
★4冒頭の娘の自立した決意からして、石坂洋次郎は戦前からすでに石坂洋次郎だったのに驚く。 [review] (寒山)[投票]
★3お国のために死ねるかと問われたら、まったく自信がない。だがこの木暮実千代のためになら、命を捨ててもいい気がする。 [review] (G31)[投票]
★4木暮実千代のかわいらしさが弾ける佳作。 [review] (田原木)[投票]
★4木暮実千代の気負いのない逞しさが微笑ましい。会話もとても洒落ていて、ユーモアに溢れている。「お嫁さん、おにぎり食べるかしら?」なんてやたら可笑しい台詞だ。 (太陽と戦慄)[投票]
★4秋田を舞台にしたほのぼの物語。木暮実千代の落ち着きぶりは戦後と変わらないが、それでもやっぱり若い(あたりまえですが)。 (熱田海之)[投票]
★4先日乗ったバスの運転手はうら若き女性だった。この映画から60年、女性は社会のあちこちで頑張っておりますぞ。 [review] (Yasu)[投票]