コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

絞殺 (1979/)

[Crime/Drama]
製作新藤兼人
監督新藤兼人
脚本新藤兼人
撮影三宅義行
美術大谷和正
音楽林光
出演西村晃 / 乙羽信子 / 狩場勉 / 会田初子 / 岡田英次 / 殿山泰司 / 小松方正 / 草野大悟 / 渡辺とく子 / 根岸明美 / 初井言榮 / 観世栄夫 / 戸浦六宏 / 森本レオ
あらすじ父(西村晃)は寝床から起き上がり、まだ横になっている母(乙羽信子)に言う。「みんなで死のう。もうおしまいだ」そしてヒモで息子・勉(狩場勉)の首を締め上げた…。父は勉に全てを賭けていた。有名進学校に入れるためにこの街に家を買った。高校の教師(戸浦六宏)は言う、ここは有名大学に行きたい者だけの場所だと。そこで勉は恋を見つける、初子(会田初子)というひとりの少女を。彼女は義父に何度も犯されていた。そんなある日、勉は初子から蓼科に来てくれとの電話を受ける。バス降り場の近くの喫茶店からは、『鳳仙花』の歌が流れていた…。〔ATG/116分/カラー/ヴィスタ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5題材の深刻さと青年の美加減 (ユメばくだん)[投票]
★4ブレッソン好みの面構えと演技力の狩場勉、冒頭の谷岡ヤスジみたいな乙羽信子の失禁、ご近所さんの一言ずつの台詞回しなど、アブストラクトな演出の連続に言葉を失う。 [review] (寒山)[投票(1)]
★3乙羽信子の女優魂に圧巻! [review] (直人)[投票(2)]
★3母親に対する父親と少女に対する義父という清清しいまでの2段重ねエディコン祭りで、こういう枠組みで事の解明を図る新藤は理数系なんだと思う。3文演劇のようなご近所芝居は前衛の1歩手前とも見え愛らしい。尚現在進行形の諸問題の参考にはならない。 (けにろん)[投票]
★3この2つの事件を連結させるやり方は感情の持って行き場が無くなる。見る価値はあるけど、お勧めはしません。 [review] (t3b)[投票]
★2エロジジイ監督の自虐妄想か。いや、むしろあがきながら失われた若さを取り戻そうとしている老人の焦りだな。若者の気持ちが判るようなフリをすればするほど、おのれの失われた若者時代の遠さしか見えなくなってゆく。 (水那岐)[投票(1)]
★1後期ATG作品はどうしてこんなのばっかなんだ? (甘崎庵)[投票]
Ratings
5点1人*
4点3人***
3点5人*****
2点2人**
1点1人*
12人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
日本実録犯罪映画 (町田)[投票(22)]ATG映画の奥は深いぞ (町田)[投票(13)]
国際映画賞を受賞した日本人俳優  (寒山)[投票(6)]時代の痕跡ーATG公開作品(70年代日本映画篇) (ぽんしゅう)[投票(5)]
むかし殿山、いま柄本。 (ぽんしゅう)[投票(4)]
Links
検索「絞殺」[Google|Yahoo!(J)|goo]