コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

博奕打ち いのち札 (1971/)

[Drama]
製作俊藤浩滋
監督山下耕作
脚本笠原和夫
撮影吉田貞次
美術吉村晟
音楽木下忠司
出演鶴田浩二 / 大楠道代 / 若山富三郎 / 渡瀬恒彦 / 水島道太郎 / 天津敏 / 遠藤辰雄 / 内田朝雄 / 八名信夫 / 天本英世 / 河村有紀 / 正司照江 / 川谷拓三
あらすじ関東桜田一家若頭の相川清次郎(鶴田浩二)は逃亡先の越後で女剣劇一座の静枝(安田道代)と知り合い恋に落ちた。しかし、程なく組から呼び戻された清次郎は1年後の再会を誓って彼女と別れる。桜田一家の地場大森では天野(天津敏)率いる新地会が勢力を伸ばし、刃傷沙汰に巻き込まれた清次郎は刑務所行きとなったのである。そして、数年後、清次郎を探しあぐねた静枝は岩井組組長の東五郎(水島道太郎)よりの縁組申し出を受けたのだった。更に数年後、大森海岸の埋立て工事を請け負った岩井組の利権に桜田一家総長の大竹(内田朝雄)は目をつけ、殺し屋金原(天本英世)に岩井暗殺を指令した…。シリーズ第7作。 (けにろん)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4総長賭博』を経て本作で再びコンビを組んだ笠原和夫山下耕作の「きれいごと」の男女の悲恋に不満を口にする。これはこれで充分に名作だよ。でもそんな事があったからこそ全てを破壊する『仁義なき戦い』が生まれたのだろう。 [review] (sawa:38)[投票(1)]
★3”着流しヤクザ”の袋小路。 [review] (G31)[投票(1)]
★3新しいことをやろうと言う気持ちは解るし大楠道代が良かったのでこの得点。天本英世の殺し屋からしてマニアックな作品だ。こんどは聖杯伝説の「トリスタンとイゾルデ」が下敷きなんだってさ。 (町田)[投票]
★3初めて見る仁侠映画。この作品であまり良くないと言われてる事で仁侠映画のレベルの高さが窺い知れる。['03.3.17VIDEO] (直人)[投票]
★3大楠道代の姐さんぶりは、意外と迫力無かったなぁ。それよりなにより、映画の状態がメチャクチャ悪くて、腹たちまくり!こんな状態でみせられるなら、むしろ観ないほうが良かったですよ、某映画館さん・・・。 (worianne)[投票]
★3タイトルとは裏腹に、駆け引き下手な不器用人ばかりが登場してゲンナリ。 時折見せる山下耕作らしいバランス良い構図と、突如として前衛的な映像世界に突入するクライマックスが変すぎて面白いので、まあいいか。 (AONI)[投票]
★2義理と人情の狭間で煩悶する仁侠映画のロジックは後方に退けられ単線的な男と女の話になってしまった。意図としては良しとしても、大時代なアナクロ臭が鼻について乗れない。その帰結がラストの70年代的前衛風味な殺陣では余りに山下耕作の柄ではない。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点7人*******
2点1人*
1点0人
9人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
破滅のメカニズム 脚本家・笠原和夫の世界 (町田)[投票(6)]
Links
検索「博奕打ち いのち札」[Google|Yahoo!(J)|goo]