コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

じゃじゃ馬ならし (1967/)

The Taming of the Shrew
La Bisbetica domata

[Comedy]
製作リチャード・バートン / エリザベス・テイラー / リチャード・F・マクワーター / フランコ・ゼフィレッリ
監督フランコ・ゼフィレッリ
脚本フランコ・ゼフィレッリ / ポール・デーン / スーゾ・チェッキ・ダミーコ
原作ウィリアム・シェイクスピア
撮影オズワルド・モリス
美術ジョン・デキュア / ダニーロ・ドナーティ
音楽ニーノ・ロータ
衣装アイリーン・シャラフ
出演エリザベス・テイラー / リチャード・バートン / マイケル・ヨーク / ナターシャ・パイン / シリル・キューザック / マイケル・ホーダーン
あらすじシェークスピアの代表的喜劇の映画化。16世紀、北イタリアのバデュアにはビアンカ(ナターシャ・パイン)という美女がいた。しかし彼女の父親はビアンカの姉でじゃじゃ馬娘のカタリナ(エリザベス・テイラー)の結婚が片付くまでは妹の結婚は許さない。ビアンカと結婚がしたいルセンシオ(マイケル・ヨーク)達は、金持ち娘との結婚を望む田舎紳士のペトルキオ(リチャード・バートン)をカタリナと結婚させようと画策。ペトルキオもその話に乗って、かくしてじゃじゃ馬娘の調教が繰り広げられる・・・。舞台演出家として活躍していたフランコ・ゼフィレッリの映画監督デビュー作。(122分) (AONI)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5物語冒頭に出ていた男2人組とビアンカの話かと思っていた。そしたら主役とヒロインは全然違った。 [review] (氷野晴郎)[投票]
★3エリザベス・テイラーのデコルテしか記憶に残らない。 (黒魔羅)[投票(1)]
★3こういうのを参考にされては困る (ミイ)[投票(1)]
★3観る側にも解釈の余地はある。(2008/10) [review] (秦野さくら)[投票]
★3ゼフィレッリという人はオペラでは凄い人らしいですが、映画ではいまいち非凡さが見受けられませんね。 (━━━━)[投票]
★3セルフ・プロデュースってのは、こんなもの。エリザベス・テイラーもまた、頭のいい女優だったということ。 (HAL9000)[投票]
★2シェークスピアも所詮、従順な女を望む男だったということです。 (AONI)[投票(1)]
★2時代的に仕方がないかな、とも思うけど、女性蔑視は否めません。 [review] (ganimede)[投票]
★2マクベス夫人のほうが魅力的なんだよなー、現代人としては。 (りかちゅ)[投票]
★2馴らされてしまう前の彼女の方が良かった…。人間を調教ってちょっと残酷じゃない?あれでいいのか?カタリナ!洗脳されてるだけだぞ。 (mize)[投票]
★1ただ苛立つのみ。ヒロインの心の動きが良く分かりません。 (勇魚)[投票(1)]
Ratings
5点1人*
4点1人*
3点11人***********
2点9人*********
1点1人*
23人平均 ★2.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
イタリアの至宝ニーノ・ロータ (ルッコラ)[投票(9)]エリザベス・テイラー (わっこ)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「じゃじゃ馬ならし」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「La Bisbetica domata」[Google|Yahoo!]