コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

日本侠客伝 花と龍 (1969/)

[Drama]
製作俊藤浩滋
監督マキノ雅弘
脚本棚田吾郎
原作火野葦平
撮影飯村雅彦
美術藤田博
音楽木下忠司
出演高倉健 / 星由里子 / 二谷英明 / 津川雅彦 / 山本麟一 / 小松方正 / 小林稔侍 / 天津敏 / 藤純子 / 若山富三郎
あらすじ北九州、戸畑港ではパナマ船への荷積作業の利権を巡って修次(上田吉二郎)率いる永田組と春吉(水島道太郎)率いる大庭組の連合組合が新参の若松の仙吉(天津敏)率いる伊崎組の共同組合と衝突していた。一介の沖仲士の玉井金五郎(高倉健)は生来のきっぷの良さで人望を集め、鉄火肌の妻マン(星由里子)も金五郎にはホの字。しかし、彼の右腕の昇竜と菊の刺青は女刺青師の蝶々牡丹のお京(藤純子)が彫ったものでお京は金次郎を追い回す。そんな中、新旧の組織の衝突が激化、金五郎は伊崎の挑戦に立ち上がる…。シリーズ第9作だが実態は火野葦平原作の「花と龍」の3度目の映画化作。 (けにろん)[投票]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4東宝の星由里子と日活の二谷英明が絡むとあって嫌な予感も、星由里子の素晴らしい熱演でこれは完全に彼女の「映画」になっていました。・・と思いきやおいしいところは東映のクリーンナップ藤純子がかっさらっていくなんて流石です。 (sawa:38)[投票(1)]
★4「玉井金五郎」と「まん」夫婦。それにしても、名前が直截すぎます。 (worianne)[投票(1)]
★3前半の高倉、二谷、星がからむ沖中士時代の恋の鞘当ては、マキノらしい群像劇の勢いもあって楽しめるのだが、後半の組がらみ抗争パートは「成りゆきのあや」に緻密さがなく葛藤が生まれない。取って付けたような役回りのお京(藤)は星由里子の前でかすむ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3火野の世界が東映任侠映画の世界と親和するのはさも有りなむだしマキノは手馴れた世界を手馴れた役者で破綻無く演出して全く飽きさせない。長大な原作のダイジェスト版の感は拭えないが想外に東宝招聘の星由里子純子に対し一歩も退かない。 (けにろん)[投票(1)]
★3「ブラジルへ行こう」・・・なんか切実過ぎて泣けるな、この台詞。 (町田)[投票]
★2純子、下ろし髪似合わず。でも初めて“緋牡丹”を拝みました。きれいかー。 [review] (G31)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点4人****
2点2人**
1点0人
9人平均 ★3.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
死んで貰います その男、高倉健 (町田)[投票(2)]
Links
検索「日本侠客伝 花と龍」[Google|Yahoo!(J)|goo]