コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ハイ・シェラ (1941/)

High Sierra

[Drama/Film-Noir/Thriller/Crime]
製作ハル・B・ウォリス
監督ラオール・ウォルシュ
脚本W・R・バーネット / ジョン・ヒューストン
原作W・R・バーネット
撮影トニー・ゴーディオ
美術テッド・スミス
音楽アドルフ・ドイッチ
衣装ミロ・アンダーソン
出演ハンフリー・ボガート / アイダ・ルピノ / アラン・カーティス / アーサー・ケネディ / ヘンリー・ハル / ジョーン・レスリー
あらすじ凶悪犯として名の知れたロイ(ハンフリー・ボガート)は8年の服役を経て特赦で出獄する。ボス、ビッグ・マック(ドナルド・マクブライト)の取り計らいであった。お膳立てされたリゾートホテル強盗のリーダーとしてロスに赴いたロイは仲間としてマックが雇ったベイブ(アラン・カーティス)とレッド(アーサー・ケネディ)が待つロッジへ到着。しかし、マリー(アイダ・ルピノ)という女が一緒にいた。彼は言下に女を追い払えというのだが…。ハンフリー・ボガート初主演作。このときクレジットはアイダ・ルピノに次いで2番目。長らく日本未公開だったが製作から半世紀を経て1988年に初公開された伝説的作品。 (けにろん)[投票]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5乾いた詩情がギャング映画の持ち味だった筈だが、この映画は人情に濡れた男を描いた異色の傑作。きびきびとした簡潔な画面展開は職人の芸の冴えを見せる。特に、自動車による逃走シーンは、最近の映画の長々としたカーアクションに辟易としている私にとって、お手本としてほしい部分だ。 (ジェリー)[投票(4)]
★5わかっちゃいるんだけど、それでも惹き込まれる滅びの美学。ジョン・ヒューストンの脚本のせいかな。 (黒魔羅)[投票]
★4ハンフリー・ボガートの人気を決定づけた作品だというのも頷ける。有無を云わさぬ理不尽な威圧感と心の底にある優しさが滲み出たような笑顔。ボガートの多面的な魅力がよく発揮されている。犬の使い方も面白い(ちょっとしつこいけど)。 [review] (3819695)[投票(5)]
★4そしてアイダ・ルピノの泪だけが残った。しみじみ秀作。 [review] (寒山)[投票(3)]
★4俺の将来設計にお前はいないとか言いつつ本命に振られ即設計に組み入れちまうボギーが随分に男前だ。その演出のドライはクライマックスでも追い詰められた男を全くフィーチャーしないし、彼女にも冷徹であくまでも状況描写に徹し醒めてる。アメリカンだ。 (けにろん)[投票(2)]
★4“悪運を運ぶ”犬に懐かれた“女運の悪い”ボギー。内反足の純真娘&アバズレ娼婦という、一見対照的だが一筋縄ではない二人のヒロイン設定がユニーク。 慕ってくる犬を煙たがりながら、「実は嬉しいくせに」と女に指摘されて照れ笑いするボギーが可愛い。 (AONI)[投票(2)]
★4犯罪のプロとして寸分の隙も許さぬ非情さと、陽光溢れる自然への回帰願望が同居する自らの矛盾に気づかぬまま、純朴娘(ジョーン・レスリー)との暮らしを願い、日陰女(アイダ・ルピノ)と道行く男(ハンフリー・ボガート)の越えられぬ運命の壁。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4ジョン・ヒューストンのシナリオが感傷的過ぎることを差し引いたとしても、ラオール・ウォルシュの演出はホークスやヒッチコックと比べ、突出が無いと思う。器用にまとめすぎていると思う。いいシーン、忘れられないカットが沢山あるし、ウォルシュはとても可愛いと思うのだが。 (ゑぎ)[投票(1)]
★4ハンフリー・ボガートとヒロインの、いかにも刹那的な愛が泣ける。まさしくノーフューチャー。 (太陽と戦慄)[投票]
★4ボギーが初めて主役の座に就いた作品。ストーリーがやや甘いが、ハードボイルドの傑作。 (丹下左膳)[投票]
Ratings
5点4人****
4点15人***************
3点4人****
2点0人
1点0人
23人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
特集上映を待ちわびる監督たち 2 (くたー)[投票(9)] ()[投票(5)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ハイ・シェラ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「High Sierra」[Google|Yahoo!]