コメンテータ
ランキング
HELP

相米慎二の映画ファンのコメント

光る女(1987/日) 風花(2000/日) あ、春(1998/日) 台風クラブ(1984/日) お引越し(1993/日) ラブホテル(1985/日) ポッキー坂恋物語 かわいいひと(1998/日) 夏の庭 The Friends(1994/日) セーラー服と機関銃(1981/日) 空がこんなに青いわけがない(1993/日) 翔んだカップル(1980/日) 雪の断章 情熱(1985/日) ションベン・ライダー(1983/日) 魚影の群れ(1983/日) 東京上空いらっしゃいませ(1990/日)が好きな人ファンを表示する

魚影の群れ(1983/日)************

★3初期相米の中では比較的落ち着いた映画だが、その分パワーには欠ける。『ションベン・ライダー』のように破綻を恐れぬ豪胆ぶりこそが映画の未来を切り開く。 (赤い戦車)[投票]
★4自分では気づかぬうちに人生の坂を下り始めた、剛腕漁師緒方拳が「得たもの」と「失ったもの」の決算に向き合わされる話である。ただし「その話」は物語を語るのではなく、すべて事象として提示され続ける。意地でも夏目雅子の顔を撮らない相米の心意気。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4ガキが主人公の映画じゃないのにガキみたいな大人ばっかり出てくるあたり、相米の個性の強さなのだと思う。苛立たしさと息苦しさを覚えながらも、肉体的でダイナミックな感情表現に引き込まれる。 (太陽と戦慄)[投票]
★3本来単純な構図の世代間の相克劇の筈が、歪な拘りで男と女の劇に執心し、実際映像に凝縮された内実のテンションもそっちが圧倒的なのだ。緒形十朱の邂逅シーンの奇跡的達成と反するクライマックスのマグロ釣りのシーンの緩さが全てを象徴している。 (けにろん)[投票]
★4ワンシーン・ワンカット。そしてやっぱり夏目雅子。 (とんとん)[投票(2)]
★3こういう映画を作りたかったんでしょう。脱アイドルを目指したのだ。 (chokobo)[投票]