コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

吾輩は猫である (1975/)

[Drama]
製作佐藤一郎 / 市川喜一 / 森岡道夫
監督市川崑
脚本八住利雄
原作夏目漱石
撮影岡崎宏三
美術西岡善信
出演仲代達矢 / 波乃久里子 / 伊丹十三 / 岡本信人 / 岡田茉莉子 / 島田楊子 / 篠ヒロコ / 緑魔子 / 春川ますみ / 三波伸介 / 前田武彦 / 左とん平 / 蟹江敬三 / 樋浦勉 / 辻萬長 / 神山繁 / 岡田英次
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4漱石と友人たちの小気味のいいやり取りから、ネタじゃないの?と思うような金田母娘の描写までユーモアにあふれた描写がいい。だから中盤で漱石先生がひどい目にあわされてもあまり深刻に心配しないで観ていられる。[Video] (Yasu)[投票(3)]
★4お下劣な岡田茉莉子篠ヒロコが最高! (3WA.C)[投票(2)]
★4島田楊子が脱いだ俳句劇、ほんとにあったら面白そうです。 (りかちゅ)[投票(1)]
★4理学士寒月役の岡本信人のハマリ方がすごい。坊っちゃんのウラナリ役と同時に彼の代表作だと思う。 (よこわまぐろ)[投票]
★3これは面白い。なんと良質なコメディー。いや、ある意味悪質かも。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★3 仲代達矢フレディ・マーキュリーそっくり! (カレルレン)[投票(1)]
★3漱石文学は読んだ事が無いが退屈かなぁ、と何となく思っていたら、何ともすっとぼけた味わいで面白いし、市川崑の作品はこんな題材でも相変わらず不気味。['04.9.15VIDEO] [review] (直人)[投票(1)]
★3いつもながら原作のエピソードをうまく取捨選択かつ並び替えを行い面白いお話にしていると思う。原作にないエピローグの追加も市川映画らしい。苦沙弥の姪・雪江(島田陽子)がマドンナとして大きく扱われている部分も悪くない。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3「腰抜け文学」といわれた漱石の味を見事に醸し出していると思います。 (みった)[投票(1)]
★3仲代達也が夏目漱石のイメージにぴったり。 (kanako)[投票]
Ratings
5点0人
4点8人********
3点21人*********************
2点0人
1点1人*
30人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
明治、大正の文学 (リーダー)[投票(7)]
Links
検索「吾輩は猫である」[Google|Yahoo!(J)|goo]