コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

寄生獣 (2014/)

[SciFi/Horror/Drama]
製作総指揮奥田誠治 / 阿部秀司 / 山内章弘
製作市川南 / 中山良夫
監督山崎貴
脚本古沢良太 / 山崎貴
原作岩明均
撮影阿藤正一
美術林田裕至 / 佐久嶋依里
音楽佐藤直紀
特撮山崎貴
出演染谷将太 / 深津絵里 / 橋本愛 / 東出昌大 / 岩井秀人 / 山中崇 / オクイシュージ / 池内万作 / 豊原功補 / 大森南朋 / 北村一輝 / 余貴美子 / 國村隼 / 浅野忠信 / 阿部サダヲ
あらすじ「人間の数が100分の1になったら、たれ流される毒も100分の1になり、いくつの森が焼かれずにすむだろうか」誰かがふと思ったかどうか知らぬが、海溝から現れた生物群が日本に上陸し人々に寄生・捕食し始めた。擬態能力を持つ彼らは日常生活に溶け込み捕食を繰り返す。高校生の泉新一(染谷将太)は寄生されるも、奇跡的に人格を保全したまま寄生生物との共棲体となる。彼の右手のそれは自らをミギー(阿部サダヲ)と称した。日常で起こる変異が何かの到来を人々に感じさせ始めたころ、新一の高校に親任教師が赴任してきた。名はは田宮良子(深津絵里)。彼女も又パラサイトであった…。1989年の大ヒット漫画の映画化。 (けにろん)[投票(1)]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5モロCGに依拠する題材だが、アクションを描くに距離・空間の活用(ビル屋上での対峙)や編集・アングルのダイナミズム(高架下での戦い)を用い古式床しい映画術の王道を踏襲してる。充分に情緒的なのにベタつかない少年成長譚としても奇跡的バランス感覚。 (けにろん)[投票(2)]
★4あの心理的かつ説明的な原作からよくここまで映画として見られる脚本を作ったものだと感心する。一方で原作のドライさのおかげか山崎貴のいつもの感傷病も幾分か抑えられているのも良い傾向だ。阿藤正一の撮影も中島哲也作品の時のようなPV臭は感じさせず硬質な世界観を生み出すのに貢献している。音楽はやや大袈裟だが。 [review] (Sigenoriyuki)[投票(2)]
★4原作既読。橋本愛を抱えて染谷将太が校舎から飛び降りる3ショットの割り方・アングルなど興を削ぐところは多少あるが、それでもここまで健闘してくれれば許せる。ミギーと染谷が対話するショットでCGに違和感を持たせず自然な会話に見せる手腕がさりげなく高度だ。+αとして「これだけは撮りたい」という監督の欲望が漲る、語りから逸脱したカット、場面があればなお良かったか。3.5 (赤い戦車)[投票]
★4原作をうまくまとめ再現してある。残念なのはミギーの声がアニメ版の平野綾でないこと。 (万城目ドラッグ)[投票]
★4登場人物を整理して話を上手く2時間以内にまとめてる。グロ表現もよくPG12に抑えられたなっていうぐらいよくやってるし感心した。 (パピヨン)[投票]
★4右手がマンガ。 [review] (おーい粗茶)[投票]
★3漫画を原作とする漫画映画。漫画にも親しんだから伝意をくみ取れないわけではないが、観たいのはやっぱり映画だ。 [review] (G31)[投票(1)]
★3この世界観というか哲学はすごいですね。(原作未読です。)でも、画面がそれに全然追いついていなくて映画としては極々普通です。見せ場はVFXでは無いと思うんだけどなぁ。もったいない。 (K-Flex)[投票(1)]
★3映画を見終わった瞬間「今すぐ続きが観てぇー!」と思いました。しかし原作が凄いから映画が面白かったのか?それとも映画の出来が良かったから面白かったのか?と考えると、やっぱり漫画が凄いからだよなと思ってしまう [review] (ギスジ)[投票]
Ratings
5点2人**
4点13人*************
3点10人**********
2点1人*
1点1人*
27人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「寄生獣」[Google|Yahoo!(J)|goo]