コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

女と男の観覧車 (2017/)

Wonder Wheel

[Comedy/Drama]
製作総指揮アダム・B・スターン / マーク・アタナシオ / ロナルド・L・チェズ
製作レッティ・アロンソン / エリカ・アロンソン / エドワード・ウォルソン
監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン
撮影ヴィットリオ・ストラーロ
美術サント・ロカスト
衣装スージー・ベインジガー
出演ケイト・ウィンスレット / ジム・ベルーシ / ジャスティン・ティンバーレイク / ジュノー・テンプル / デヴィッド・クラムホルツ / マックス・カセラ / トニー・シリコ / スティーヴン・R・シリッパ / デビ・メイザー / トーマス・ギアリー / ジャック・ゴア
あらすじ1950年代。NYのコニーアイランドの海水浴場。劇作家志望の大学生で監視員のバイトをしていたミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)が、ひと夏の物語を語り始めた。舞台女優の夢破れジニー(ケイト・ウィンスレット)は小学生の息子を連れて再婚し、今はしがないウェイトレス。同じく再婚の夫ハンプティ(ジム・ベルーシ)は、人は良いが武骨な遊園地の回転木馬の操作係だ。名物の大観覧車が見える一家が暮らす家に、ギャングと駆け落ちして絶縁されていたハンプティの娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が訪ねて来た。何と彼女、夫に命を狙われいるという。同じところを回るだけの観覧車のような人生のお話しだ。(109分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ややもするとウディ・アレン最大の傑作。一段と怜悧冷徹に冴え渡った話術の冷血もさることながら、何より、これほど視覚的に充実したアレン映画はかつて見たことがない。ヴィットリオ・ストラーロ久方ぶりの大仕事であり、ストラーロ謹製のアスペクト比一対二画面の作としても最良の成果物に数えられる。 [review] (3819695)[投票(4)]
★5うーん、これはまた本物の映画を撮られましたネ。これを見て、人生という基本部分はコメディであり、時折歓びがあり、それに伴う悲劇が生じるということがよーく分かります。 [review] (セント)[投票(2)]
★4ブリキ玩具のような毒キノコ色のコニーアイランド。どす黒いオレンジ色に染まる女の部屋。窓外には観覧車が血を滴らせた骸骨のような姿をさらす。いつしか女を包む希望もどきの青ざめた光も生気なく虚ろだ。女は自分の閉塞と願望の振れ幅の極端さに気づいていない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(4)]
★4劇作家志望の海水浴場監視員ジャスティン・ティンバーレイク=ミッキーによるカメラ目線・モノローグの進行は相変わらず鬱陶しくて、好きになれないのだが、ヴィットリオ・ストラーロの超絶照明には驚愕する。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4「女」でいたい、満たされ願望の強い中年の弛緩したカラダをあらわにしたジニーケイト・ウィンスレットのヒステリックさがお見事。赤・ブルー・オレンジなどのライティングを上手く使い分けたワンショットも好感度高し。 [review] (jollyjoker)[投票(2)]
★3ウィンスレットの荒びと倦怠は未だしも若造との情事がのめり込んだよに見えず余裕の遊び半分に見え後半の展開がしっくり来ない。一線を越えたかの如きラスト大芝居は空転する。悪魔チックな火遊びガキやトリッキーな照明。ピースは揃ったが噛み合わない。 (けにろん)[投票(2)]
★3ウディ・アレンの『サンセット大通り』。ケイト・ウィンスレットが巧すぎてグロい。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
Ratings
5点3人***
4点6人******
3点3人***
2点0人
1点0人
12人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「女と男の観覧車」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Wonder Wheel」[Google|Yahoo!]