コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

海の神兵 (1945/)

桃太郎 海の新兵

[Animation/War/Musical]
監督瀬尾光世
脚本瀬尾光世
撮影瀬尾光世
音楽古関裕而
あらすじ桃太郎一行、犬、雉、猿が蘭領インドネシアへ鬼退治に出かける。メナド降下作戦での海軍落下傘部隊の成功に材を取り、戦意高揚を目的として製作された国策アニメーション映画。封切り時は戦況の悪化からガラガラの入りだったが、若き日の手塚治虫に深い感銘を与えた。 戦後、GHQの統制下、内容のヤバさからプリントは廃棄されたと思われていたが、39年後に松竹の倉庫に眠っているのを発見された。 (coma)[投票(1)]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4「あいうえお」の唄、長すぎ! (アリ探し)[投票(1)]
★4蘭領東インドネシアに降下する桃太郎!  今見るとパロディを意図したように見えるのは皮肉 [review] (coma)[投票(1)]
★4初期ディズニーと同じく、我が国のアニメーション萌芽期の、貴重な名作と言えるだろう。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4もちろん戦意高揚映画以外の何ものでもない。しかし、軍部の意向を受けながらも、映画という作品に昇華させた努力はすばらしい。提示された条件による制限や検閲、物資の不足という物理的制約と戦った制作者の気概に最大級のリスペクトを。 (かける)[投票]
★3丸々とした凛々しい桃太郎と、「現実の戦場」との差異をを想像し、涙を流すのです。 (chilidog)[投票]
★3ラストの落ちが強烈。 [review] (ジョー・チップ)[投票]
★3ひと昔前に観ました。名作ということになっているんでしょうが、今観てそれほど感心はしない。映画史に残すべき戦意昂揚映画かも。1945.04.12.という公開の日付、瀬尾光世=「のらくろ」シリーズ、古関裕而=『ひめゆりの塔』『モスラ』『愛染かつら』は覚えておこうと。 (Amandla!)[投票]
★3なんといいますか、資料的価値のある貴重な映画。 昔の映画はとにかく丁寧に作られているから好き。 表現も狙っているわけではなく正直で素直だからこちらも素直に見てられる。それが人間の基本なのかもな・・・ (k5001)[投票]
★3こんなにも凛々しい桃太郎は,桃太郎侍以外に観たことがない。 [review] (もーちゃん)[投票]
Ratings
5点0人
4点7人*******
3点9人*********
2点0人
1点0人
16人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「海の神兵」[Google|Yahoo!(J)|goo]