コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 光る女(1987/日)
- 更新順 (1/1) -

★4終盤になるにつれて画面の力が失われていく弱さはあるが、武藤敬司秋吉満ちるの棒読み演技がメロドラマ的な高まりを逆に加速させている部分は確かにある。個人的には地下街の階段に座り込んで話している長回しでの、こちらを見ては通り過ぎて行く街人の表情が忘れられない。 (赤い戦車)[投票(1)]
★3ちょっと寺山っぽい画もあり、「なんだかわけわからん!」という感じもなくはないけど、結構じーんとくる場面も多々あり。赤沼に一番シンパシーを感じました。北海道のオホーツク海側の田舎っていうのは、本当に「果て」感があるんだよなぁ。(出身なので) [review] (味噌漬の味)[投票]
★3純愛を人間の内へ内へと突き詰めていくと、人が人として持つ生きものとしての力へと行き着くのかもしれない。だから、仙作(武藤敬司)の持つ生きものとしての純度の高さだけが、都市という虚飾の中に埋没した芳乃(秋吉満ちる)を蘇生させ得るのだ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4全体としては実験作の域を出ないし、武藤秋吉の起用はそれ以上に実験的だったりするが、作品の根底に流れる思いもかけぬほどの純粋さ、その痛さは確かに伝わった。 (ナム太郎)[投票(2)]
★4設定からしてヘンだが、恋愛映画としてはちゃんと成立している。無表情だが何か強い意志を内に秘めたような女の存在感。「俺の嫁になってくれ」と叫ぶ男の朴訥さ。プールのシーンのエロティックさ。二人のことがいとおしく思えてしまう瞬間が、確かにあった。 (太陽と戦慄)[投票(4)]
★3やっぱ武藤敬司はいいよね。でもこの女の棒読みセリフがなぁ‥‥‥‥ →秋吉満ちる (stimpy)[投票]
★4相米のことだからクドいまでのダメ出しをした筈にもかかわらずのド素人カップル武藤秋吉のヘタレで木訥な演技がモチーフの「純愛」にフィットし涙を誘う出来。クラブジョコンダの意匠は借り物臭いがシャープな撮影とフィルターワークが特筆。 (けにろん)[投票(3)]
★2どんな服装よりも裸が一番似合う武藤敬司 (青二才)[投票]
★3とてもとても退屈。怒りにまでは行かないが、逆にこの監督が何故こういった作品を作ったのかのほうに興味は集中。と、思ってしまったくらい、この監督の持ち味が表現できていないどころか「これが創りたかった」という意志がまるで伝わってこなかった。到達点に届かなかったのではなく到達点を見失っている。 (tkcrows)[投票]
★3本作は相米らしいケレンも寝転がる演出も全然良くなかった。決してどう仕様も無く拙い映画じゃないけれど、一言で云うと、この画面づくりは意外性が希薄で退屈。 (ゑぎ)[投票(1)]
★0超みたいが、どこにもない……武藤敬司最高!! (高橋慶彦)[投票]
★2一昔前の無国籍映画の雰囲気が漂うセット、画面。 (トシ)[投票]
★3グレート・ムタに飛躍する演技だった。 (chokobo)[投票]
★4武藤敬司の存在感が抜群によい。 (masa)[投票]