コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 長崎ぶらぶら節(2000/日)
- 更新順 (1/1) -

★3せっかくの良い話、良い風景、良い演技、良い音楽。それを台無しにするダメダメな監督。ああ、イライラする。 [review] (ぐるぐる)[投票]
★3吉永小百合の素晴らしさを歌うように滔滔と話すチケット売り場のおじさんに負けて見に行ったのだけれど、本当に良かった。特に正座として一人食事を取るシーン。思い出すだけで漬物の音が聞こえる気がする。一人の人間の生涯を見た。 (ムク)[投票(1)]
★2愛八の生き様から何を抽出したかったのだろうか不明。表層的な小百合の繰り広げる微妙な関係はおママ事にしか見えない。セックスレスな男と女の本当の真意を綺麗事で済ませるなら、それなりの敬意が欲しい。映画は商業主義に支配されている。 (けにろん)[投票(1)]
★4吉永小百合以外の女優なら嘘臭くて成立しない映画だと思います。 (ユウジ)[投票]
★2テレビドラマの総集編のようなつくりに、どうものっていけず。 (ガリガリ博士)[投票(1)]
★4生涯処女たることを義務づけられた女優。その存在に嫌悪感をおぼえる人もいるだろう。だが、そのために老いを隠すことをしなかったこの作品の吉永には嬉しさを隠し得ない。 [review] (水那岐)[投票(3)]
★2時代錯誤なストーリー、老人の大妄想炸裂以外何物でもないラストのシーンは大笑い。これに平然と出てしまう主演女優が、メディアで自立した女性像をプロモートしているのも意味不明だ。 (Kavalier)[投票(1)]
★3愛八をはじめとする芸者達の生き様にもう一つ共感できなかったのは,描き方が浅いためか,それとも自分の人生経験が浅いせいか? [review] (ワトニイ)[投票]
★3映画としては大して面白くありませんが、今の吉永小百合にとっては良い作品かも知れません。原田智世も好演(唄は本人?)。「本妻」はいしだあゆみのはまり役ですね。 (熱田海之)[投票]
★2吉永小百合は悪くない。しょぼい脚本を書いた市川と、その脚本に納得した深町監督が戦犯や!映画が原作の厚みを薄っぺらにしてしまった。 (君が代)[投票(1)]
★4風景に魅せられた。眼鏡橋やオランダ坂、料亭から船艦の見える夜景。ストーリーはなんだか暗くて辛いんだけど、気にならない。 (うぴぴ)[投票]
★4愛八はどう見ても吉永小百合。だから彼女の独壇場。でも自分は愛八の生き様よりも、登場する芸者達の方ををずっと見てたような気がする。個人的には原田知世高島礼子の小粒ながらの大きな存在感が良かった。 (Ryu-Zen)[投票(1)]
★2老人性妄想で驀進! (ボイス母)[投票]
★2この人の人生がそんなに魅力的に感じなかった。ある意味、この手の作品のセオリーを無視している。悪い方向に。 (Curryrice)[投票(2)]
★1見ているとき横から親がこういう「あんたにゃまだ早すぎるんじゃないの?子供過ぎて」うるへーってんでい! [review] (ねこすけ)[投票(1)]
★4ここ10年の吉永小百合の映画の中では一番いい。同じ役をTVだったら市原悦子でもいいけど、映画だったらやっぱり小百合さんくらい華が無いとねぇ。 (直人)[投票(1)]
★3うー素晴らしい人だと思うけど解らないんだよ、この女性の生き方が。、、、芯の強さに「ほっ」と救われたかな。高嶋礼子はまり過ぎ。 (kekota)[投票]
★1僕にはまだ早過ぎました。 (ぱちーの)[投票]
★3原田知世と高島礼子で+1。吉永小百合は別世界のお方であります。 [review] (ぱーこ)[投票(3)]
★3しっとりしていてよかったと思います。高島礼子顔ハデすぎ(好きだけどね)。原田知世の成長(演技のね)ぶりに密かに安心。 (みった)[投票]
★4相撲取りや辻占売りのエピソードをカットして、主人公二人をもっと描いた方が良かったのでは? (サブロウ)[投票]
★4吉永小百合は何時観てもいいなー。役処もいい。人情味があり・控えめ・情愛は深く・しかも強さも兼ね備えている。今時こんな女性はいないか・・・? (RED DANCER)[投票]