コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 (2010/カナダ)

Scott Pilgrim vs. the World

[Action/Comedy/Fantasy]
製作総指揮J・マイルズ・デイル / ジャレッド・ルボフ / アダム・シーゲル / ロナルド・ヴァスコンセロス
製作エリック・ギター / ナイラ・パーク / マーク・プラット / エドガー・ライト
監督エドガー・ライト
脚本マイケル・バコール / エドガー・ライト
原作ブライアン・リー・オマリー
撮影ビル・ポープ
美術マーカス・ローランド
音楽ナイジェル・ゴドリッチ
衣装ローラ・ジーン・シャノン
出演マイケル・セラ / メアリー・エリザベス・ウィンステッド / キーラン・カルキン / クリス・エヴァンス / アナ・ケンドリック / ブリー・ラーソン / アリソン・ピル / オーブリー・プラザ / ブランドン・ラウス / ジェイソン・シュワルツマン / ジョニー・シモンズ / マーク・ウェバー / メイ・ホイットマン / エレン・ウォン / 斉藤慶太 / 斉藤祥太 / サティヤ・バーバー / トーマス・ジェーン / クリフトン・コリンズJr.
あらすじアマチュアのロックバンド、セックスボブオムのベーシストであるスコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、ミステリアスな雰囲気のラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に一目惚れ。スコットはすでに彼女がいるのにも関わらず、ラモーナを自身のライブに誘う。当日、スコットが演奏をはじめた途端、謎の男がライブに乱入、有無を言わさずバトルに突入する。なんと、ラモーナとつきあうためには、7人の邪悪な元カレをすべて倒す必要があるのだ。スコットは、次々と戦いを挑んでくる元カレたちを倒すことはできるのか!?(カラー/112分) (ガリガリ博士)[投票]
Comments
全15 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5全編、TVゲームやコミックの世界観炸裂で、ゲームオタクのスコットとヒロインのラモーナの元カレが戦うアクションシーンはTVゲームをモチーフにしたバトルが展開され、非常に面白い上に斬新。バトル方法もあらゆるジャンルのゲームのバリエーションに富んでおり、このアクションを見るだけでも充分見どころがある。 [review] (わっこ)[投票(2)]
★5オタクがハマる映画ではない。昔、オタクっぽかった文科系オヤジが最高にハマる映画。 [review] (pinkmoon)[投票(1)]
★4エドガーライト監督。『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ』の時に印象的だった(というよりも好感を抱いた)極めて高揚感と疾走感に溢れた編集テンポは健在。 [review] (田邉 晴彦)[投票(2)]
★4真面目にやってるなあ、というのが一番の感想。この手にありがちなスカした感じがないのだ。バカやるために全力投球なシーン満載で観ていて嬉しくなる。中途半端なおふざけには腹が立つのとは対象的だ。やはりこの監督は信頼できるっていうか、我ら映画オタクの味方なんだと実感できる一作。 (tkcrows)[投票(1)]
★4キャラの掘り下げなど放棄して、ひたすら見た目の面白さに拘った結果、素直に「面白かった!」。更に、前述通りの割には、それなりに主人公の成長譚に仕上がってる気も。清々しいほど鑑賞後心に何も残らない点も、この映画にはピッタリか。 (takamari)[投票(1)]
★4志学にしてヴィデオ・ゲームから足を洗った私でもビル・ポープが適切なスタッフィングであったことは理解する。間抜けたニヤケ面が武器のマイケル・セラを筆頭にキーラン・カルキンアナ・ケンドリック(実年齢はセラより上)、マーク・ウェバーエレン・ウォンアリソン・ピルの配役も成功している。 [review] (3819695)[投票(1)]
★4メアリー・エリザベス・ウィンステッドのアバズレぶりがドハマリ過ぎて素晴らしい。ラモーナを演じれる女優が他にいようか?いやいないw 前半戦のテンションが最後まで継続しないのが残念。 (すやすや)[投票]
★4クロエちゃんが出てないからマイナス1。 [review] (HAL9000)[投票]
★3意外なほどあっさりと見終えてしまえることが、この映画にとってよいことなのかどうか。これほどいかがわしいはずなのに、軽快さばかりが画面を圧倒し、不穏さを残さない。(2011.9.11) [review] (HW)[投票(4)]
★3説明しよう。 [review] (kiona)[投票(3)]
★3よー分からんけど楽しければいいじゃん、という感じ。そういうのはほぼ例外なく早く飽きがくるが。女優はみんないい。 (ドド)[投票(1)]
★3まだ誰もやってない(思いついたところで誰もやらない)新しいことやって遊んじゃえ、そこそこ楽しめるでしょ?って狙いであれば成功していると言えるし、実際そうなのではないか。 (脚がグンバツの男)[投票]
★3成熟の明るい閉塞感は時への不完全な感応でもある。だとしたら、徳性の指標化によって、ノスタルジックなキッチュから審美的な責任を取り戻したい。 (disjunctive)[投票]
★3アラン・ムーアが関わる作品群でグラフィックノベルというジャンルを知ったので、逆にこういったものもあると知れたことは収穫だった。 [review] (Master)[投票]
★3現場はめっちゃ楽しそうだよな、と伝わってくるが、ストーリー自体は途中からついていけず。ゲームネタも中途半端。いちばん笑えるのはユニバーサルロゴ。 (ガリガリ博士)[投票]
Ratings
5点2人**
4点9人*********
3点23人***********************
2点1人*
1点0人
35人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ミュージシャンによる映画音楽 (HW)[投票(5)]お気に入りバトルシーン (わっこ)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Scott Pilgrim vs. the World」[Google|Yahoo!]