コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

キツツキと雨 (2011/)

The Woodsman and the Rain

[Drama/Comedy]
製作総指揮井上伸一郎 / 椎名保
製作池田宏之 / 籏啓祝 / 油谷昇 / 佐藤政治 / 阿佐美弘恭 / 喜多埜裕明
監督沖田修一
脚本沖田修一 / 守屋文雄
撮影月永雄太
美術安宅紀史
音楽omu-tone
衣装小林身和子
出演役所広司 / 小栗旬 / 高良健吾 / 臼田あさ美 / 古舘寛治 / 嶋田久作 / 平田満 / 伊武雅刀 / 神戸浩 / 森下能幸 / 山崎努
あらすじ山深い村で木こりをしている克彦役所広司はふとしたことから、映画の撮影隊と知り合いに。「ゾンビ映画」を撮影していると言われてもよくわからないまま、助監督に頼み込まれ場所を案内したり送り迎えをしたり。ところが助監督と一緒にいる若い男小栗旬は黙ってもじもじしているだけで何もしない。思わず「動かんか」と怒鳴ってしまう克彦だが、その若い男が実は監督!優柔不断で悩んでばかりの映画監督と、映画のことをよく知らないまま撮影を手伝い、どんどん深みにはまる木こりとの交流を、木曾地方の美しい山並みと田舎の村の風景をまじえて描く。(129分) (シーチキン)[投票]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ある山里にゾンビ映画の撮影隊が駐留する。村にあるのは大木と川とそして人の心。たまたま映画のエキストラに参加することになってしまったことにより村人と撮影隊との今や都会では消滅した心の交流が始まって行く、、。 [review] (セント)[投票(3)]
★5ちょっと甘めの採点だが、人情にぐっとくる。「映画っていいねえ」と思わずつぶやいてしまう。特にこれといったものがあるわけではないが、なんだか見ていてうれしい気持ちにさせてくれる。それに役所広司が絶品。 (シーチキン)[投票(2)]
★5ゾンビの映画を撮る映画と聞いて、こんなにも心の琴線に触れ、ジワっとくるとは思うまい。自然と人が美しい。本当に温かい日本の映画でした。 [review] (Pino☆)[投票(2)]
★5小栗のテンション低めの演技と役所の笑える間がバランスいい。山林の風景とのんびりした時間が美しい。結局、物語自体も撮られている映画も特筆すべき部分はないのだけど、作品全体の雰囲気が妙に心をくすぐる。小栗の初監督時もこんな感じだったのだろうかと思いながら観てしまった。 (tkcrows)[投票(1)]
★4かつて私も、生意気なだけで本当は何も知らず、ちょっとしたことで悩み迷い、すぐに自信をなくしてしまう若造たっだことをすっかり忘れてしまい、今では世の中の不甲斐ない若者をみると不満を募らせている、ということが鏡に映る自分を見るようによく分るのだ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★4役所広司さんは本当にうまい!『山本五十六』の後にこれを演じることができる役者は彼しかいないでしょう。(2012/08/24) [review] (chokobo)[投票]
★3アメリカの夜』から三十余年、深夜の駅舎の件辺りで、ついに映画愛を自己否定するパンキッシュな映画が生まれたのかと猛烈に期待したのだが。 [review] (寒山)[投票(1)]
★3映画らしい映画で、撮影は田舎・森の匂いまでがして秀。役所はなりきっており、素晴らしい。物語に突っ込み不足の面がありひきつけられる所が少ない為か、小栗にももう一つ感情移入が出来ない。3.5点。 (KEI)[投票(1)]
★32人のテンポとセンスがうまい。面白くて、ほのかにじんわり、が良い。 (あちこ)[投票]
★325歳で監督とは羨ましい。 (赤い戦車)[投票]
Ratings
5点4人****
4点10人**********
3点15人***************
2点3人***
1点0人
32人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
就職先、映画業界とりあえず希望 (ぽんしゅう)[投票(12)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「キツツキと雨」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Woodsman and the Rain」[Google|Yahoo!]