コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

危険な関係 (1959/)

Les Liaisons Dangereuses

[Drama]
監督ロジェ・ヴァディム
脚本ロジェ・ヴァディム
原作コデルロス・ド・ラクロ
撮影マルセル・グリニョン
音楽セロニアス・モンク
衣装グラディス・ド・スゴンザック
出演ジャンヌ・モロー / ジェラール・フィリップ / ジャンヌ・ヴァレリー / アネット・ヴァディム / ニコラス・ボーゲル / ジャン・ルイ・トランティニャン
あらすじパリ上流階級の著名人、外交官ヴァルモン(ジェラール・フィリップ)とジュリエット(ジャンヌ・モロー)夫妻は、一皮剥けば互いに浮気し、しかも、その詳細を報告し合うという爛れた関係であった。ジュリエットは、棄てるつもりの愛人ジェリ(ニコラス・ボーゲル)にセシル(ジャンヌ・バレリー)という娘と婚約されて復讐を企てる。ヴァルモンにセシルの貞操を奪わせようというのだ。気が乗らないヴァルモンは、しかし、セシルがクリスマス休暇を過ごすメジューヴへ出向くが、そこで純情な人妻マリアンヌ(アネット・バディム)に心奪われてしまう…。ジェラール・フィリップの遺作となったバディムの第4作。 (けにろん)[投票]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4音楽と映像はムード満点。お話はわりとしょうもないが、ジェラール・フィリップの女を落とすテクニックはためになる(嘘)。ラストのオチが意外で良かった。 (太陽と戦慄)[投票]
★3痩せ衰えたフィリップは見ていて痛々しいし、アネット・バディムのお人形さん演技にも萎える。演出は巧いんだか下手なんだか(いい画はたくさんある)微妙なのだが、冒頭の監督自身の説明、続くラクロ原作の序文引用などは明らかに余計だ。雪山にモンクというのも良く解らないセンス。<ディレクターズ・カット版> (町田)[投票(1)]
★3チェス盤の黒の部分に出るタイトル文字は、「なかなかやるな」と思った。 (ダリア)[投票(1)]
★3ああ、そうか!西川美和『夢売るふたり』はこれの本歌取りだったんだ! [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★3ラクロの原作を現代に置き換えたこと以上に、二人の主人公(ジェラール・フィリップジャンヌ・モロー)を「夫婦」に設定している点が面白い効果を上げている。ヴァディムの演出も概ね端整で見応えがある。ただしセロニアス・モンクをバックにチェス盤を模したクレジットが実に格好良く、結局この冒頭が一番印象に残ってしまう。 (ゑぎ)[投票]
★3退廃に身を沈め愛を弄ぶ極悪カップルが垣間見せる純情(涙や心からの笑顔)が物語を有機的に転がしていかないのがもどかしい。ローアングルを駆使した演出はところにより結構冴えるのだが生気無いフィリップモローの徹底に拮抗し得てないのも弱い。 (けにろん)[投票]
★3ジャンヌ・モロー・・・なんて怖い顔なんだ。アカンボなら見ただけで泣き出すぞ。 [review] (Shrewd Fellow)[投票]
★3ジャンヌ・モローは悪女を演じる時、本当に活き活きしてる。 (マッツァ)[投票]
★3ジャンヌの徹底した悪女ぶりがかっこよかった。意外に道理のとおった結末。 (KADAGIO)[投票]
★2最後まで誰が誰だか、わかんねーし・・・ (つね)[投票]
Ratings
5点1人*
4点4人****
3点16人****************
2点2人**
1点0人
23人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
監督とその妻−出会いあるいは最初の仕事 (ペペロンチーノ)[投票(7)]スウィングしなけりゃ意味ないね (リーダー)[投票(2)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「危険な関係」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Les Liaisons Dangereuses」[Google|Yahoo!]