コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

レ・ミゼラブル (2019/)

Les Misérables
Les Miserables

[Action/Crime]
製作トゥフィク・アヤディ / クリストフ・バラル
監督ラディ・リー
脚本ラディ・リー / ジョルダーノ・ジェデルリーニ / アレクシ・マナンティ
撮影ジュリアン・プパール
音楽ピンク・ノイズ
出演ダミアン・ボナール / アレクシ・マナンティ / ジブリル・ゾンガ / ジャンヌ・バリバール / イッサ・ペリカ / アル・ハッサン・リ / スティーヴ・ティアンチュー / アルマミ・カヌーテ / ニザール・ベン・ファトゥマ
あらすじパリの郊外、モンフェルメイユの街に、新たに赴任した警官ステファン(ダミアン・ボナール)は、犯罪防止班の先輩警官らと街のパトロールへ出かけるが、移民たちや低所得者などが多く暮らす街は治安が悪く、多くのグループが一触即発の状態で、薄氷の均衡を保つためには、警官らは強引な手法で取り締まることも多く、彼らは人々からは敵対視されていた。ある時、イッサという少年が引き起こした「事件」が、街を戦いの渦に飲み込んでゆく・・・。 (プロキオン14)[投票]
Comments
全8 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5まだ汚れていない“怒り”ほど恐ろしいものはない。主義や信仰や損得に根ざさない心の怒りに対して、私たちは、その純度に圧倒され成すすべなくたじろぐだけだ。炎に浮かぶ少年の傷痕は、大人たちの不徳の証しであり、社会の“恥”の刻印のように、私には見えた。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★5総合的に優れてる、と言ったら身も蓋もないが、欠点のない映画である。冒頭のフランスを嫌が応でも見せつけるシーンから、ラストとのシンメトリーする対称性、沸々と怒りが爆発する心理描写といい、うまい。 [review] (セント)[投票(2)]
★5圧倒的な凄みと迫力をもったラストシーンには息を飲むと同時に、その闇に飲み込まれそうになった。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★4イスラム教徒たちが集まるケバブ屋の店名「Ali Bomaye」に感動。たとえるなら日本人が外国で「イノキ ボンバイエ」というラーメン屋を営むようなものだ。 [review] (ペンクロフ)[投票(3)]
★4モラルが破綻したかの如き状況下に於いても真摯で誠実な言説は人の心を動かし得るという希望と、それでもマスに蔓延する怒りが一旦着火してしまうと反動の奔流に個の力は最早なす術はないのだという諦観。優れて政治的ロジックが仏のひとつの現況を抉り出す。 (けにろん)[投票(1)]
★3尾崎豊の『卒業』か、ミスチルの『タガタメ』か。(レビューは長文) [review] (プロキオン14)[投票(1)]
★3期待しすぎたのかな?宣伝文句の『シティ・オブ・ゴッド』より『僕らの七日間戦争』に見えた。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★3冒頭のW杯優勝後のパリの風景のほとんどは、多分記録映像なんだろうと思うが、いい。なのでかなり期待したのだが、ドラマが始まると、演出やカッティングの荒削りな魅力はあるけれど、良い場面は持続しない。 [review] (ゑぎ)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点3人***
3点3人***
2点0人
1点0人
11人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「レ・ミゼラブル」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Les Miserables」[Google|Yahoo!]