コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

陽はまた昇る (2002/)

Dawn of a New Day: The Man Behind VHS

[Drama]
製作高岩淡
監督佐々部清
脚本西岡琢也 / 佐々部清
原作佐藤正明
撮影木村大作
美術福沢勝広 / 新田隆之
音楽大島ミチル
衣装山田夏子
出演西田敏行 / 渡辺謙 / 緒形直人 / 真野響子 / 石橋蓮司 / 江守徹 / 篠原涼子 / 中村育二 / 蟹江一平 / 田山涼成 / 永倉大輔 / 上田耕一 / 新克利 / 石丸謙二郎 / 中原丈雄 / 國村隼 / 倍賞美津子 / 津嘉山正種 / 井川比佐志 / 夏八木勲 / 仲代達矢
あらすじ日本ビクターの開発部門に勤務する加賀谷(西田敏行)は、ある日横浜工場のビデオ事業部に異動になった。不採算部門の整理縮小に動いていた会社は、業界8位と低迷していたビデオ事業部も切り捨てる方針で、加賀谷はリストラのための事業部長として送り込まれたのだった。しかし、長年技術屋として叩き上げてきた加賀谷本人の考えは違っていた。「誰の首も切らない」。彼は次長の大久保(渡辺謙)を説得し、業績回復の切り札として家庭用VTRの開発をスタートさせる。それは、事業部の存続を賭けた、長く苦しい闘いの始まりでもあった。[108分/カラー/アメリカンヴィスタ] [more] (Yasu)[投票(2)]
Comments
全27 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5およそ人間にとって、自分が信じてやってきたことが認められ、評価されるということは、その人生の中で何ものにも代えがたい瞬間なのだ。[新宿東映パラス2] [review] (Yasu)[投票(2)]
★5もちろんビデオで観るべき映画でしょ?DVDでなんて観ちゃダメ! (サイダー・ブルーズ)[投票(1)]
★5「君の年では、わからないだろね・・・」30とン歳の私は、”その年”になってみないと、決してわからないことがある・・・。ということは、わかる年齢なのです。 (ミセス・バーナード)[投票(1)]
★5大久保次長に注目したい。次長なんて役職は、その部署のことを何でも知っていなくちゃいけないし、またどんな仕事もこなす。要は何でも屋の雑用係。そしてあまり表面に出ることはない。その辺のところがよく描けていた良いホンでした。渡辺謙も黒ブチ眼鏡をかけていい味を出していた。 (KEI)[投票]
★5サラリーマン必見。そこいらの研修よりよっぽど価値がある。 (kajun)[投票]
★4サラリーマンなら一度は観ておいて損は無い作品。ただ、VHS側に立ちすぎているのが、元ベータユーザーとしてはちょっと面白くない。 (TM(H19.1加入))[投票]
★4邦画の良い意味での安っぽさが、この内容と上手くあっていた。ただ、西田敏行は素晴らしいが、その他の俳優の演技が浮きすぎてるの残念。あと、話の展開などもちょっとダイジェスト的でもったいなかった。 (はいろうず)[投票]
★4僕はベータ派でした。 [review] (chokobo)[投票]
★4ホントにあった出来事ってやっぱり強いなぁ。内容も濃いし、人間味がある。ただ、高速道路のシーンはケン・ワタナベ運転してないのバレバレ。2002年の映画なのに、CGだってこともバレバレ。東名高速の使用許可おりなかった?? (あちこ)[投票]
★4二百数十人の“ひと”に託した優しき挑戦者の熱い思いが嫌味なく伝わってくる。情緒のたれ流しや思い入れの押し付けになりがちな熱血ドラマを、落ち着いたタッチでまとめきった新鋭佐々部清監督の手腕はみごと。新たな娯楽映画の作り手として期待する。 (ぽんしゅう)[投票]
★4ハンカチ捜すのももどかしい。雪崩れる涙を手のひらで拭いつつ観た。問答無用だ。熱く,泣け。 (もーちゃん)[投票]
★4良い役者が揃えてあるので安心してドラマに集中できる。特に高速道路のシーンが一番気に入った。しかしVHSがベータを駆逐した本当の理由が明らかにされないのが残念。 (ハム)[投票]
★4役者達がベテラン揃いで、安心して観られた中でも、西田敏行の人情味には演技臭が感じられないので素直に感動できた。これでオープニングに中島みゆきの曲を持ってきていたら、それはそれで面白かったと思う。 (タモリ)[投票]
★4西田敏行の泣く演技はホントにウマイなぁ。地味だけど実に良心的な映画。江守徹のスピーチに爆笑、でもラストは泣けます。 (直人)[投票]
★3いやあ、良いねえ。松下幸之助の役どころ。その姿はまるで… [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★3時間的制約なのか、丁寧とは言い難い台本がもどかしい。夫婦の絆、本社との確執、部下との軋轢、多かったであろう数々の挫折、そして家庭用ビデオへの執着など、多くの「何故」が端折られてる。評価が高いのはわかるだけにそういう部分をもっと描いてもらえれば、ラストの涙の重みも違ったはず。 [review] (tkcrows)[投票(1)]
★3下請けと協力会社ねえ・・・わかるわかる(苦笑) (TOMIMORI)[投票(1)]
★3江口君(緒形直人)は、何様のつもりだったんでしょう。 [review] (らーふる当番)[投票(1)]
★32013年鑑賞。VHSで一時代を築いた日本ビクターだったが、後継となるべきDVDレコーダーの欠陥などデジタル家電の損失により、撮影から10年も経たぬうちにJVCの歴史が終了するとは誰も想像しなかっただろう。なんとも皮肉なことだ。 (ガリガリ博士)[投票]
★3勝者の側から描かれた歴史って気持ちイイ。『タッカー』とあわせて見ましょう。 (黒魔羅)[投票]
★2異メディアと比べるのは好きじゃないけど、「プロジェクトX」の方が数倍おもしろいと思う。 [review] (早秀)[投票(2)]
★2一所懸命に緒形直人が頑張れば頑張るほど痛々しいのは何故か?分からないが、ただ言えることは、ビンタされて倒れるなどという演技など世界遺産の(元)ナレーターにやって欲しくはなかった…。お前はアムロかよ。 [review] (ジャイアント白田)[投票(1)]
Ratings
5点12人************
4点26人**************************
3点17人*****************
2点5人*****
1点0人
60人平均 ★3.8(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
私の嫌いな映画 (ジャイアント白田)[投票(15)]TV先発の中、改めて「映画」の良さを知る。 (申徹也)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「陽はまた昇る」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Dawn of a New Day: The Man Behind VHS」[Google|Yahoo!]