コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

もっと近所にレンタルビデオできないかな……
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
414コメント166
2あらすじ1
4POV7

Comments

最近のコメント 10
★2関ヶ原(2017/日)とりあえず「原作・司馬遼太郎」というクレジットを外して欲しい。 [review][投票]
★4ゼロ・グラビティ(2013/米)長回しがもたらす息の詰まるような緊迫感が快感に変わる映画。邦題を色々言われているが、テーマはGravityでも見せ場のほとんどは「ゼロ」の部分。とはいえ、一体どうやって撮ったんだ? と思わせたいばかりに、その手法がやや鼻につく場面もチラホラあった。[投票]
★5インターステラー(2014/米)SFがあり、ミステリーがあり、人間愛があって、すべてが絶妙なバランスでビシっと決まっている。素晴らしかった。長尺だが繰り返し見ても(見てこそなお?)面白い。[投票]
★3マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015/豪)とにかく爆走するだけの映画。その潔さと世界作りはいいのだけど、個人的には世間の評価ほどハマれなかった。主人公のマックスにあまり魅力を感じられなかったのが残念。[投票(1)]
★5ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016/米)旧シリーズをきっちり踏襲&リファインした内容になっており、EP1〜3や7が全然ピンとこなかったオールドファンにはたまらない、オトナ向けの渋いスターウォーズ。キャラクターたちにも味があるが、とりわけアンドロイドのK2が良い。[投票]
★3君の名は。(2016/日)映像や音楽はいいが、主人公二人のキャラがほぼ無個性に近くて退屈。ストーリーの辻褄も合ってるんだか合ってないんだか、そもそもなんでこの二人なの? と、見てるあいだ首をひねりっぱなしだった。まあ私のようなオッサンがどうこう言う映画ではないのかも。[投票(1)]
★4シン・ゴジラ(2016/日)「ただ歩いてるだけですよ」[投票]
★4運命じゃない人(2004/日)パタパタと何度も展開が裏返る、非常に見事なパズラー。しかし、人間味に乏しい登場人物たちに今ひとつ感情移入できなかった。まるで脚本という名のボード盤上でせわしなく動くコマのよう。[投票]
★3スター・ウォーズ フォースの覚醒(2015/米)ご都合主義を否定するわけではないが、「なんでそんなとこにファルコンがあるんだよ!」的な展開が多すぎる。あと、ハリソン=ハン・ソロは頑張ってるのは分かるが、やはりどうにも痛々しい。一方で新キャラたちの魅力も乏しい。レイでさえインパクトに欠ける。[投票(3)]
★3ジュラシック・ワールド(2015/米)アクションのテンポや迫力などは良いのだが、パークからワールドになったわりには話のスケールが1とあまり変わっておらず新鮮味がない。人物造形もステレオタイプすぎる。[投票(1)]

Plots

3 件
★3ドッペルゲンガー(2003/日)人工人体の開発者である早崎(役所広司)は、研究に行き詰まり、苛立ちを隠せない毎日を続けていた。そんなある日突然、自分そっくりの“分身(ドッペルゲンガー)”が早崎の前に現れる。“分身”は早崎の生活に干渉し始めるが、自分のネガティブな側面をそのまま投影したようなその存在を早崎は必死で否定しようとする。一方、OLの永井(永作博美)も、自殺した弟のドッペルゲンガーに悩まされていた。早崎は永井に出会い、“分身”が自分だけの妄想の産物でないと知る。しかし早崎の“分身”の行動は次第にエスカレートしてゆき、君島(ユースケ・サンタマリア)という男も、その狂気の沙汰に巻き込まれることとなる……。[投票]
★5ビッグ・リボウスキ(1998/米)俺はデュード(ジェフ・ブリッジズ)、しがない中年男さ。そんな俺がある日ボウリングしてから帰宅すると、待ち受けていた野郎どもに「金をよこせ」といきなりボコボコにされた。どうやら俺の本名「ジェフ・リボウスキ」と同名の富豪だと勘違いされたらしい。憤慨した俺はボウリングしてからリボウスキ氏に事情を話すが、「知るか」の一点張り。しかし数日後、その彼から「妻が誘拐された。身代金の受け渡し人になってくれないか」。報奨金目当てに引き受けた俺だが、やたら好戦的なダチのウォルター(ジョン・グッドマン)を始め、いろんな奴らの思惑が絡んで、話は果てしなくややこしくなっていく。まずはボウリングでもするか……。[投票(2)]
★5ダーククリスタル(1982/米=英)その世界は、かつては巨大なクリスタルの聖なる威光により、平和と安寧が保たれていた。しかし、ある時現れた邪悪で凶暴な種族・スケクシスの手でクリスタルは傷付けられ、逆にスケクシスたちに世界を支配させる暗黒の力の源となってしまう。彼らに滅ぼされた善良な種族・ゲルフリングの最後の生き残りとなったジェン少年は、いにしえよりの予言に従い、クリスタルを元の姿に戻すため、たった一人、冒険の旅に出る……。[投票]

Points of View

ダメ人間的ライフ[投票(4)]
ちょっと臆病でやる気不足の、いい加減な僕らでも、社会の荒波に揉まれつつ、精一杯生きている。はず。