コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004/日)
- 更新順 (1/1) -

★2最近気がついた。この映画って、『荒野の七人』でセリフが10個くらいしかなかった小林清志さんを沢山しゃべらせてあげるためだけに作ったのではなかろうかと。 [review] (はしぼそがらす)[投票]
★3カスカベ座の良く分からない存在理由はともかく、あの古びた館内・不条理感抜群の怪しげな投射光を放つ映写機・そして若干ノイズが入っているようにも見える人影ちらつく荒野の映像。物語の導入としては好みなテイスト。何となく「ウエストワールド」の世界観に戦隊モノを強引に加味した構成も悪くなく、何より封印されてたのがアレとは妙に納得。 (クワドラAS)[投票(1)]
★3MIKE MIZNOのサイン(本当にこう書いてある)を持つ身としては、マイクの声が閣下本人でないのはいただけないわけです。閣下本人だとグダグダになるのが目に見えているのはわかるんですが・・・。 [review] (バーンズ)[投票]
★4つばきちゃん萌え、齋藤彩夏タン萌えでいったん5点をつけたが、ちょっと反省、でも4点。この作品、つばきちゃん要素を除いても、そんなにケチョンケチョン(死語)に貶すまで酷くはないと思う。全体に「惜しい」映画。 (4分33秒)[投票]
★3ワイルド・ワイルド・ウエスト』はある意味西部劇を壊しているかもしれないが、それより救いようのないくらいのことをしているが、それでもそれより好印象なのは、クレしん予定調和だからか。 [review] (SUM)[投票]
★3クレしんは、つまりは大いなる大人の遊びなのだと痛感した。大人が好きなようにいじりまわして、誰かが満足すればいいやという開き直りでつくられているんだ。その隙間で子どもも笑えればそれでいいじゃんみたいな感じで、つまり子どもはついでなのだ。 [review] (Osuone.B.Gloss)[投票]
★3このシリーズでなければ本作はもっと評価されてしかりなんなんでしょうけど… [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★2あえて西部劇な理由がわからん。 (らーふる当番)[投票]
★3元日本テレビ系金曜ロードショーの解説者で現在サンテレビサンデーロードショーの解説をしている水野晴郎。西部劇のヒーロークリント・イーストウッド。等々。ハリウッドの創世記を支えるスターや縁の下の力持ちを知らないとこの映画は楽しめない。それにしてもお子様向きのアニメ映画でここまでマニアックな設定にしても大丈夫なのだろうか・・・。 [review] (HILO)[投票]
★3どういった層に対するアピールなのか、つばきちゃんを登場させるのには慎重になるべきであった。デザインもその存在も浮いてるのなんの。 (ガリガリ博士)[投票]
★4ミステリアスな映画だ。ゆえに、たまにはこんなクレしんでも許す。 [review] (アルシュ)[投票(2)]
★4「カスカベに帰ろう!」・・・嗚呼、なんて熱き言葉なんだろう。 [review] (sawa:38)[投票(2)]
★2ついに、「最後まで笑えないしんちゃん映画」の登場!! [review] (ボイス母)[投票(2)]
★3水島監督の精一杯の良心か。西部劇も、椿ちゃんも、カスカベ座そのものも。だが、そこに弊害はないか。 [review] (水那岐)[投票(6)]
★4ぼーちゃんが好き。 [review] (ツナ缶)[投票(3)]
★4しょっぱなからセルジオ・レオーネの世界が炸裂だ! [review] (茅ヶ崎まゆ子)[投票]
★3メッセージ性などハナから期待してないが、子どもが喜んでいるところを見ると、悪くはないんだと思う。でもナニか引っかかる。今回のテーマは.....。 [review] (ホッチkiss)[投票(3)]
★3あれ〜〜、もう終っちゃったの、というくらい、内容が少なかった。いつももっとギャグが盛りだくさんだったように思うのだけど。ちょっとさみしい・・・。 (ganimede)[投票]
★3「お前なぁ、現実からひたすら逃げて映画の中に閉じこもってないか?」などと言ってないのに、そう言われている気になるのは私の被害妄想のせいだと思いたい。で、ここ数年の脱お子様映画志向も収まって親子ともども安心できるフツーの作品とあいなりました。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3この監督のクレしんは人と人とのヒューマンなぶつかり合いに欠けている。その一方で制作者の意図と関係なく映画的な面白さを再認識できたので3点を献上する。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(2)]
★2映画おたくの人がニヤリとする映画をみたくて「クレヨンしんちゃん」を観に行っているわけじゃない!! [review] (Shrewd Fellow)[投票(6)]
★3どうしても「戦国大合戦」のような、感動巨編を期待してしまう悪い癖。今回は「野原一家」より「春日部防衛隊」の冒険記だが、せっかく「西部劇」のジャンルに足を踏み入れたのなら、最後まで「西部劇」で押しとおしてほしかった。 [review] (プロキオン14)[投票(3)]