コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アド・アストラ(2019/米)
- 更新順 (1/1) -

★3冒頭、巨大アンテナ崩落のスペクタクルに大いに目を瞠る。推測の域を出るものではまったくないが、ディジタル描画班を下請け的に扱って丸投げしていては、このような画面造型は決して生まれないのではないか。確かな演出の意思が漲っている。無重力空間に漂う死体の姿勢にも何やらこだわりがありそうだ。 [review] (3819695)[投票(1)]
★5結果クソ親爺と邂逅するだけの『地獄の黙示録』だが、そんな親でも息子は慕うという大山鳴動鼠0匹のファザコン譚をブラピの無垢性が突き通す。採光に意識的な撮影のクリアネスがエフェクトを際立たせ『2001』と同質の無機無音世界を現出させている。 (けにろん)[投票(2)]
★3状況設定は『2001年宇宙の旅』('68/米英)(いや『2010年』('84/米)?)や『惑星ソラリス』に近い。最近では『インターステラー』('14/米)を思い起こさせる(題名のセンスも)。詰まり、パロディ? ☆3.7点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4何考えてんのかわからないブラピの演技とかジョーンズの消化不良な役柄とかありがちな設定とか、総合的に「うーん・・」な作品かもしれないが、もうここからは単純に好みの問題なのだが、自分は好きな作品。荘厳な雰囲気、かなり流れているのに芝居を邪魔しない音楽、などなど評価したい部分は結構あったのだ。 (tkcrows)[投票(2)]
★4広大かつ静謐な映像を堪能する映画であると同時に、本作はブラッド・ピットの顔と語りを楽しむための映画だ。彼は、十分にその任に堪えていたと思える。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★2海王星・・・・ご苦労様です。 [review] (ばかてつ)[投票]
★2科学的考証も今一つだし、宇宙空間の描き方も悪くもないが目新しさもなく、その上、一体全体なにが言いたいのかよくわからない。SFとしてもドラマとしてもつまらない映画だった。 [review] (シーチキン)[投票(2)]