コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

緑雨のコメント************

★3のらくら(1921/米)個々のギャグは標準以上のレベルで面白い(特に、背中で嗚咽しているように思わせて・・・のシーン最高)。が、冒頭の鉄道駅、ゴルフ場、舞踏会などの各場面が有機的に結びついていないせいか、振り返って印象がやや薄い。[投票]
★4街の灯(1931/米)すべてのコントの原点がここにある。ボクシングのシーンなんて今観てもまったく色褪せてない。ちょっと面白いなと思うのは、 [review][投票(1)]
★4サーカス(1928/米)序盤、スリに間違えられて警官に追われ、見世物小屋でのチェイスから、サーカスに紛れ込み思いがけず人気者に・・・まで、小気味良いテンポで繰り出される一連の笑いは、チャップリン映画でも最高レベルのクオリティ。[投票]
★4ライムライト(1952/米)人心の機微を知り尽くしたチャップリンならではの演出力に感嘆。 [review][投票(1)]
★4担え銃(1918/米)戦場=塹壕という割り切りが見事。スペースを生かした笑いはキレがあるし、何より画面が映画的。[投票(1)]
★3犬の生活(1918/米)塀越しでの警官との追いかけっこ、職安での順番争い、屋台での盗み食いなど、もどかし・ハラハラ芸が冴え渡る。が、全体のまとまりはイマイチ。[投票]
★3チャップリンの 独裁者(1940/米)たいへん採点のしづらい映画。 [review][投票(3)]
★4チャップリンの 黄金狂時代(1925/米)雪山でのドタバタ劇で、町の酒場での切ないロマンスを挟み込んだ構成が、絵作りのダイナミックさもあり映画らしい映画になっている。 [review][投票]
★4モダン・タイムス(1936/米)文明批判、ブルジョワ批判ってのもあるんだろうけど、それよりも歯車たることに安住してしまう側の人間に対して警鐘を鳴らす側面の方が強いような。 [review][投票(2)]
★4キッド(1921/米)二人の関係が、親子というよりも対等なパートナーの如くなっているところが良い。 [review][投票]