コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

俺は待ってるぜ (1957/)

[Drama/Action/Romance]
製作水の江滝子
監督蔵原惟繕
脚本石原慎太郎
撮影高村倉太郎
美術松山崇
音楽佐藤勝
出演石原裕次郎 / 北原三枝 / 二谷英明 / 波多野憲 / 小杉勇 / 草薙幸二郎 / 川村昌之 / 藤代鮎子 / 植村謙二郎 / 青木富夫 / 榎木兵衛 / 杉浦直樹 / 英原穣二 / 深江章喜 / 河合健二
あらすじ喧嘩で相手を殺してしまいボクサーを断念した島木(石原裕次郎)は、港のそばの小さなレストランのマスターをしながら兄からの便りを待っていた。兄は一年前にブラジルに渡っており、向こうでの生活が落ち着いたら島木を呼び寄せてくれるという約束になっていた。そんなある日、島木は行くあてもなく茫然と港をさ迷っていたクラブ歌手早枝子(北原三枝)に出会う。島木の店に身を寄せた早枝子は、以前働いていたキャバレーで人を殺してしまったことを島木に告白する。脚本は石原慎太郎。(90分/モノクロ) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3蔵原惟繕のデビュー作。この頃はまだまだ定石通りの演出が殆どで、後に見せる自由で軽やかなカメラワークは見当たらない。例えば、北原三枝の脚にティルトダウンした後、再度脚に繋ぐフラッシュバックなんかも古めかしい演出だ。 [review] (ゑぎ)[投票(1)]
★3弟を常にスーパーマンとして描く兄の脚本には感心する。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3北原三枝が波止場で恋を仄めかす折に、流れるBGMが「ハバネラ」ってのがいい。口にできぬ想い♪好いてくれないならあたしから好いてやる/あたしに好かれたら危ないよ [review] (寒山拾得)[投票]
★3このアクション演出は悪くない。ラストの対決は明→暗→明と明度の異なる空間に移動しつつの殴り合い。ドラムセットにも突っ込みます。石原裕次郎がボクサーを辞めるきっかけになった撲殺のシーン(フラッシュバック)も調子よい。俯瞰気味の空間把握が石原の身ごなしを際立たせている。 (3819695)[投票]
★3シチュエーション一点に全精力を集中してそれで90分間押し切ろうという太い了見の作品だが、このシチュエーション、臭いけれど魅力的。小顔で日本人離れしたスタイルの北原三枝がこのような設定によく似合う。浅丘ルリ子ではこうはいかない。 (ジェリー)[投票]
★3たそがれの港。逆行の中、浮かび上がる石原裕次郎北原三枝の虚無感を暗示するシルエットのなんとスマートで美しいこと。それにしても石原慎太郎脚本に色濃く反映されるナルシスティックな兄弟コンプレックスの根深さには驚く。 (ぽんしゅう)[投票]
★2石原裕次郎の屈折した兄弟愛を浮き彫りにする、ただそれだけのために北原三枝に割かれた冒頭30分があまりに虚しすぎる。人格破綻者しか描けぬ慎太郎脚本の矮小な言い訳にすぎなかったのであり、監督蔵原惟繕の才気もその綻びから逃れきれていない。二谷英明だけはつまらぬ御託に振り回されないキャラで清々しい。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点0人
4点0人
3点9人*********
2点1人*
1点0人
10人平均 ★2.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山拾得)[投票(10)]お笑いグループ名と映画タイトル (ユリノキマリ)[投票(10)]
Links
検索「俺は待ってるぜ」[Google|Yahoo!(J)|goo]