コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛 (2006/)

Mobile Suit Zeta Gundam A New Translation III: Love is the Pulse of the Stars

[Animation/SciFi/Action/Drama/War]
製作吉井孝幸
監督富野由悠季
脚本富野由悠季
原作富野由悠季
原案矢立肇
撮影木部さおり
美術甲斐政俊
音楽三枝成彰
出演飛田展男 / 池田秀一 / 榊原良子 / 島田敏 / 鈴置洋孝 / 岡本麻弥 / 池脇千鶴 / 井上和彦 / 西村知道 / 小杉十郎太 / 勝生真沙子 / 新井里美 / 大塚芳忠 / 浪川大輔
あらすじ小惑星アクシズとともにジオン公国再建を目論み、現われた女ハマーン・カーン(榊原良子)。ティターンズに寄生しつつ親鳥の喉を食い破り、わが身としようとする木星帰りの悪魔パプティマス・シロッコ(島田敏)。そして地球圏の理想国家建設を目指すエウーゴのクワトロことシャア・アズナブル(池田秀一)。三つ巴の戦いは宇宙に舞台を移し、幾多の人間たちの生き血を呑みこみ続ける。その中でΖガンダムのパイロット、カミーユ(飛田展男)は真に倒さなければならない強敵を見出す…新約Ζガンダム、いよいよ命のうねりのドラマが完結を迎える。〔99分/カラー/ヴィスタ〕以下は作画スタッフ→ [more] (水那岐)[投票]
Comments
全24 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5仏の顔も三度バッグ。殴り心地がいいほどいい点数だ、完成おめでとう! [review] (水那岐)[投票(8)]
★5 そしてついに完結編が公開された……! [review] (桂木京介)[投票(3)]
★5この点数は、ただ単に私の満足度である。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★5大満足です。私が。個人的に。 [review] (うさぎジャンプ)[投票(2)]
★5相変わらず飛びまくってるお話だけど、愛すべきキャラ達に乾杯。 [review] (らーふる当番)[投票(2)]
★5テレビ版より個々のキャラクターの心情が細かく描写されていた気がした。報われたな、ヘンケン(笑)。新たな名台詞の予感→「こんなジオン臭いスーツっ!」「お調子者がっ!」カミーユ、萌え要素全否定。いいね。レヴュー書きまくり。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★5怒涛の展開にほとんど何がなんだかわからなかったけど、なぜか見終わった後は満足感でいっぱいだった。 [review] (fedelio)[投票(1)]
★5カミーユは女に持てるから強い説(そしてシャアはアムロより強いけど。迷いがあるから、実直なアムロに勝てない)。 [review] (leiqunni)[投票]
★5「刻の涙」が見え過ぎて困ります。 [review] (prick)[投票]
★4枝葉を切ったら、間抜けなシロッコが残った。 [review] (hiroshi1)[投票(7)]
★4重力に魂引かれた古い80年代人よ。俺の話を聞いてくれ。 [review] (甘崎庵)[投票(5)]
★4それなりに満足です。しかし、一般人には「宇宙を駆ける痴話」か、アホなガキ(主にカツとファ)のたわごとぐらいにしか思えないだろうな。 [review] (ハム)[投票(2)]
★4ファーストからZへ!哀から愛へ!時代は変わっておりました。 (ぼくこくぼ)[投票]
★3「好きでリメイクしたわけではないわ!」「なんだ図星じゃねえかよお、ねえちゃんよおおおおおお!」 [review] (ペンクロフ)[投票(11)]
★3Zが時代を「切り開いた」のは間違いないのです。 [review] (新町 華終)[投票(4)]
★3なんだか分からない疾走感だけはあるので、一気に見られた。が、1年戦争に比べて、キャラクターもモビルスーツもストーリーも重量感がないのは、重力に魂を引かれた人がそれだけ少なくなった、ということでしょうか。 (二液混合)[投票]
★3"死" と言う概念が麻痺してくる。 [review] (リア)[投票]
★33作全部観たけれど、ゼータガンダムのビームライフルの音が最後まで厭だった。 [review] (ゾラゾーラ)[投票]
★2レコア少尉の名セリフ「また行き遅れか。」(「宇宙が呼ぶ声」より)この一言をカットしたことにより、確かに本作はTV版とは180度異なった作品になった。しかしそれは一種の神殺しであったと僕は思う。 [review] (ロープブレーク)[投票(3)]
★2誰も彼も顔をつき合わせるや否や喧嘩が始まるギスギスした人間関係。敵味方の判別も出来ない三つ巴の抗争。相次ぐ裏切り。戦闘中に観念的な議論をぶつけ合い、挙句に発動するオカルト不思議パワー。嗚呼この鬱加減、この風、この肌触りこそZガンダムよ! [review] (たかやまひろふみ)[投票(1)]
★2映画になってない。3部作の中では1番マシかな自分的には。ガンダムファンじゃない人には絶対にお勧めできない。 ()[投票]
★2策謀寝返りの戦乱を描いていても、記憶に残るのは男と女のちちくり合い。それはそれで小気味良いが、枝葉のエピソードばかり心に残って「事態がどう動いたのか」とか「どう戦ってんのか」の説明を放棄した語り様に、ハマーン様でなくとも不満です。 (chilidog)[投票]
★1起承転結の、ほんの少しずつの起と結だけをつなぎ合わせた話第三弾、それも絵が違う. そして、誰にも感情移入できない。 [review] (hideaki)[投票]
★1いくらガンオタでも映画は映画として評価する。これは映画になっていない。絵は動いているのでひとまず飽きることはないが後に何も残らなし、どんな話かも憶えていない。往年の富野作品にあった「怒り」はどこへ行ったのか? (すやすや)[投票]
Ratings
5点10人**********
4点10人**********
3点16人****************
2点11人***********
1点4人****
51人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
この女優のあの顔−【観ずに死ねるか】− (IN4MATION)[投票(6)]すごい・・親父が熱中するわけだ!「ガンダム・ムービー」 (アルシュ)[投票(5)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Mobile Suit Zeta Gundam A New Translation III: Love is the Pulse of the Stars」[Google|Yahoo!]