コメンテータ
ランキング
HELP

KEIさんのあらすじ: 投票数順

★4ミスト(2007/米)とある田舎町、湖畔に住む画家のデヴィッド(トーマス・ジェーン)と妻と一人息子ビリー(ネイサン・ギャンブル)。激しい嵐が過ぎ去った翌朝、買出しに行く父と息子。湖の向こうの山から霧が流れ下って来ていた・・・。町へ向かう道路には軍の車が急いでいる。一体何があったのか?大きな被害がでたのか?やがて・・・スーパーで買い物をしている間に外は霧で満ちてきていた。そして、一人の男が駆け込んでくる「助けてくれ!霧の中に何かいる!」これが幕開けだった・・・。 [more][投票(2)]
★3男性の好きなスポーツ(1964/米)ロジャー・ウィロビー(ロック・ハドソン)は釣具店の優秀営業マン。本も出して顧客から‘師匠’と呼ばれている。ある日出勤途中で女の車にぶつけられそうになるが、出社してみるとその女がいた。アビー・ペイジ(ポーラ・プレンティス)と言い、得意先である釣り場の広報係だった。そして、釣り大会を盛り上げるために‘師匠’も参加して欲しいと依頼される。が、実は彼は釣りを一度もしたことがなく、すべて耳学問でやって来ていたのだ。大会迄あと3日、アビーの助けも借りてロジャーは釣りをマスター出来るのか?当然出来る訳もなく・・・120分。[投票(1)]
★4モホークの太鼓(1939/米)1776年米ニューヨーク州にある大邸宅で結婚式が行われていた。娘のラナ(クローデット・コルベール)とギル・マーティン(ヘンリー・フォンダ)だ。2人は式後ハネムーンを兼ねて、牛1頭を連れて幌馬車で新居に向かう。新居である小屋はディアフィールドという未開拓地にあった。大金持ちの娘ラナは最初は驚くが、この小屋から2人の新婚生活が始まる。(まだ続きます) [more][投票(1)]
★5忠次旅日記(1927/日)第一部「甲州殺陣篇」 :逃亡中の国定忠次が命を助けられた水晶掘りの姉弟を悪者から守る話(ウィキペディア要約)。尚、下記解説のように第一部は2015年現在現存していないというか未発見である。  第二部「信州血笑篇」 :役人に追われ逃亡の旅を続ける忠次は勘太郎という子を連れている。その子の行末を思い、忠次は顔役の壁安衛門に預かってもらおうとするが「昔の立派な忠次親分ならまだしも、子分が盗っ人を働くような親分のいう事は聞けない」と言われる。怒る忠次「人は斬っても子分は斬らねぇと言われた親分子分の結び付きだ。親分を辱めるようなマネをするはずがねぇ!」と。それを聞いて壁安は承知をするのだが、その時・・・ [more][投票(1)]
★4西部悪人伝(1969/伊)西部の町ドハティで、ある夜、軍の金10万$が銀行から金庫のまま強奪される。見張り役の兵隊は皆殺し。その時町に来ていた鷲鼻で鋭い目つきの流れ者、知る人ぞ知るガンマン:サバタが皆より先に気付き、その盗賊馬車を追い駆ける。そして盗賊を射殺して馬車を奪い返して街へ戻ってくる―「諸君、金庫をなくしたかね」。しかしこの事件の真犯人は、大金持ちのステンゲルと娯楽場のオーナー・ファガーソンと何と!判事のオハラだった。(もう少し続きます) [more][投票(1)]
★4愛の泉(1954/米)米から伊へ仕事でやって来たマリア(マギー・マクナマラ)。職は米の在伊流通局。結婚で米へ帰るアニタ(ジーン・ピーターズ)の後釜だ。アニタの友達フランシス(ドロシー・マクガイア)も15年前米から来て、作家シャドウィル(クリフトン・ウェッブ)の秘書をしていた。すぐに仲良くなった三人は、揃ってトレビの泉へ。後ろを向いてコインを投げると願いが叶うという泉だ。ところで、アニタの同僚伊人ジョルジョ(ロッサノ・ブラッツィ)はず−っと彼女のことが好きだった。彼女を諦めきれないジョルジョは田舎で催される妹の婚約パーティに彼女を招待する。が・・・(もう少し続きます) [more][投票(1)]
★4マイ・ブラザー(2009/米)サム・ケイヒル大尉(トビー・マグワイア)はアフガンへの出征を4日後に控え、無二の弟トミー(ジェイク・ギレンホール)が出所する刑務所に彼を迎えに行く。優秀な兄と不良の弟。その夜、家庭の食卓で父(サム・シェパード)は弟をなじり、大声が飛び交い、子供が泣き、お祝いのムードも消し飛んでしまう。そして、サムは愛する妻グレイス(ナタリー・ポートマン)と二人の幼い娘を残してアフガンへ。しかし戦地でサムの乗ったヘリが撃墜され、訃報がグレイスに届けられる。悲しみにくれるグレイスとトミーの心はいつしかお互いを求めていくが・・・。一方、実は、サムは奇跡的に助かり、部下と一緒にアラブゲリラに捕まっていた。そして、彼らはサムに対して・・・。 [more][投票(1)]
★4ホルテンさんのはじめての冒険(2007/ノルウェー)ノルウェーの雪の中を走る列車の運転手 ホルテンさん。独身。小鳥と暮らしている。67歳、定年だ。最後の運転日の前夜お祝いの会があり、友達のマンションで2次会。タバコを買いに行ったホルテンさん。戻って入ろうとするとドアがロック。暗証番号も効かない−壊れてしまったのだ。仕方なく工事用の階段で上へ。途中で建物の中に入ると人の家。男の子が起きていて、寝る迄そばに居てほしいという。この辺りからホルテンさんの運命は日常からずれていく・・・彼を待ち受けるものは?2008年アカデミー外国映画賞ノルウェー代表作品。ノルウェー国内で各賞を総なめにした暖かい暖かい作品。[投票(1)]
★4シマロン(1931/米)ヤンシー・クラヴァット(リチャード・ディックス)は開拓精神が旺盛な正義の男。1889年オクラホマの土地開放(Oklahoma Land Rush)にも一番乗り。しかし一人の娘ディキシー・リー(エステル・テイラー)に騙されて土地獲得は出来なかった。が別の開拓町オセージの町に一家で移り住み、悪を摘発する新聞を発刊する。その為悪漢から命を狙われるようになるが・・・。次から次へと新しいものに挑戦する男。育ちの良い妻セイブラ(アイリーン・ダン)は我慢しながらも愛しているが故に彼について行く・・・。 [more][投票(1)]
★4戦艦バウンティ号の叛乱(1935/米)1787年英国艦バウンティ号はタヒチへの出航準備をしていた。艦長はブライ。彼は厳格な冷血漢で有名であったが来艦早々、船員への「みせしめ」の為死者を鞭打つ行為に及ぶ。高まる船長への不信感を抱いて、艦は出航する・・・。 [more][投票(1)]
★4狂乱のモンテカルロ(1931/独)さる国の若い女王様はお忍びの旅行中。一方、その国の戦艦の艦長は豪放磊落でモンテカルロの賭博場へ寄港する。そこで若い娘と知り合う。が、それは実は女王様だった。 トーキー初期の秀作オペレッタ映画。[投票(1)]
★4聖衣(1953/米)ローマの護民官マーセラスは奴隷市場で幼友達のダイアナと再会。が、それもつかの間ダイアナを妃にと思っている次期皇帝カリギュラが現れる。カリギュラは闘士を買いに来たのだが、マーセラスはギリシャ人闘士ディミトリアスをカリギュラと競り合って落とす。恥をかかされたカリギュラは・・・ [more][投票(1)]
★5四時の悪魔(1961/米)ハリー他囚人二人を乗せた水上機が南海の孤島に着く。転勤するドウナン神父を乗せるためだ。神父は偏屈、頑固者で知事、町の人には嫌われていたが、山の上の病院の人々には慕われていた。神父を追い出したい知事、新任の神父、囚人、病院の患者とは?・・・人間たちの思惑をよそに島にある火山はやがて黒煙を上げて活動を始める・・・。知る人ぞ知る隠れた名作。[投票(1)]
★5東京兄妹(1994/日)両親を亡くした日暮健一緒方直人と妹・洋子栗田麗は二人ぐらしの生活。妹の為、結婚にふみ切れないでいた健一。妹に出来た恋人は偶然にも自分の友人だったが・・・。市川準が東京の市井に住む兄妹を静かにたんねんに綴って行く。'95ベルリン国際映画祭、国際評論家連盟賞受賞作品。[投票(1)]
★5君のいた永遠〈とき〉(1999/香港)女流映画監督のシェリルは、シンプルな恋愛映画をとるつもりで、自分の女学生時代の恋を題材にしようと思い立つ。脚本家と打合せをして行くにつれ、彼の想いがわかり、あの恋の全体がみえてくる・・・。脚本の打合せと昔の恋の進行とを交錯させる事により、分かりづらい面はあるが、恋する人々の心をみつめた質の高い作品に仕上っている。[投票(1)]
★4飾窓の女(1945/米)クラブで夜遅くなってしまった犯罪心理学の大学教授。帰り道でフト建物の窓にある絵画を見ていると、窓ガラスにその絵の女が映っている。その女が現れたのだ。教授はその女と彼女の部屋へ行くが、情夫−ヤクザのボス−が帰ってきて・・・。ラストが秀逸。映画史に残る大作でも名作でもないが「ああ、あの映画ね」って見た人が必ず心に残る佳作。[投票(1)]
★5ラ・マンチャの男(1972/米)中世スペイン、セリヴィアの牢獄のなかで作家セルバンテスは「ドン・キホーテ」という小説を書き始める。その内容はラ・マンチャという地方の郷士(騎士)、ドン・キホーテが従者サンチョ・パンサをつれて永遠の女性ドルネシアを求める猜徇鬚領広瓩諒語だった。 [more][投票(1)]
★5カリフォルニア ジェンマの復讐の用心棒(1977/伊=スペイン)南北戦争終結の後、南軍捕虜解放の日。その日はどしゃぶりだった。その中に子猫を抱いて1人、マイケル・ランダム(ジュリアーノ・ジェンマ)は、居た。やがてマイケルは気のいい若者ウィリー(ミゲル・ボゼ)と同行するようになる。故郷への楽しい日々が続くが、政府に踊らされた南軍兵狩りの賞金稼ぎ達に襲われ、ウィリーは殺されてしまう。ウィリーの故郷に着いたマイケルは彼の両親と姉ヘレン(パオラ・ボゼ:実姉)に会い、名誉の戦死だったと伝える。畑等を手伝う内に、マイケルはヘレンと恋仲になっていくのだが・・・。マイケルが実は伝説のガンマン、カリフォルニアだったことが分かるのはもう少し先の事になる。97分。 [more][投票]
★4襲われた幌馬車(1956/米)1875年。アリゾナ準州。岩山、林の中を、馬もなくライフル一丁で逃げる男コマンチ・トッド。彼は白人とコマンチの血を引いていた。追っ手は、保安官ハーパーたち4人。トッドは3人を倒すが、弾が切れ、ハーパーに捕まってしまう。そこへ来たのは、ノーマンド大佐率いる幌馬車隊だった。これから先はアパッチの土地‘死の谷’という事で、同行することになるが、ハーパーのドットに対する虐待を見て、幌馬車隊の人々は非難の目を向ける。昼食時、少年ビリーがトッドにリンゴを与えたのに腹を立てたハーパーはおどしの為銃を向けるが、逆に皆から銃を向けられる始末。その後煙草を与えた青年クリントとハーパーが殴り合いになった時、(まだ続きます) [more][投票]
★3ウィンターピープル(1989/米)時計職人のウェイランドは妻を亡くし、娘ローラと飼いブタを連れて、フィラデルフィアに行こうとするが、真冬の山中で車がエンコ。2人で歩き出す。山の向こうに見つけた家に住んでいたのは、未婚の母コリー・ライトとその赤ん坊だった。2人はベッド付きの納屋に泊めてもらうことになる。翌日、車の所に行くと、馬に乗った荒くれ男たちキャンベル一家が車を壊し、荷物を盗んでいた。銃で脅され、何も出来なかった。コリーは実は、町の大きな雑貨屋ライト家の娘で、ライト家は川向こうのキャンベル家と昔から争っていた。 [more][投票]