コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ラブホテル(1985/日)
- 更新順 (1/1) -

★3毎度のことながら全体のバランスが悪い。長回しの強靭さは間違いなく相米慎二の刻印だし、ラストの桜吹雪はこの監督以外に成し得ない造型だが。この歪さを魅力と捉えるか否かで評価が分かれると思う。 (赤い戦車)[投票]
★3ふたりの男女がなんだか素敵。病んではいても、寂びれた雰囲気のちょっと小気味いいラブストーリー。女子的には夜中に一人で観たい作品ではないけど。。 (あちこ)[投票]
★3この映画の登場人物はみな病気である。故にゆきずりの形でしか繋がれない。行き場を失った情熱は超現実の吹雪となって爆発する。それは最も美しい「鬱」の描写ではなかろうか。 ()[投票(2)]
★5予告編はバリバリロマンポルノ。しかし、本編はガチガチのラブロマンス。相米慎二の真髄を見た。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票]
★5石井隆色は強いが、あの桜吹雪に「これはやはり相米慎二にしか撮れない映画だ」ということを感じた。同様に村木も寺田農以外には考えられない。撮影や選曲のセンスも含め、ロマンポルノという枠を超えて評価されるべき傑作。 (ナム太郎)[投票(2)]
★4冒頭シーンに於ける石井隆の変態性描写はストーリ的には不要だがロマンポルノ的には断固必要だった。そんな破綻を補って余りある”狼狽る肉弾”寺田農の愛くるしさ!速水典子が惚れるのも納得。 (町田)[投票(3)]
★3相米慎二の映画は「いい匂い」がする、昔、好きだった女の子の「匂い」のような・・・。そして人は「匂い」の記憶だけは絶対忘れないという。相米慎二の映画は「いい匂い」がする。 ()[投票(1)]
★3ラブホテルに戻り、情事の続きからじゃないとスタートすることができなかったふたりが哀しい。 [review] (picolax)[投票(2)]
★3深夜テレビで観た記憶があります。20歳前後だった僕はこの題名に惹かれて..のっけのシーンは期待どーリでしたよ。 (大魔人)[投票]
★4男と女が惹かれあうのに理由は要らないが、この二人は惹かれあえば、惹かれあうほど遠くなっていく。切ないネー ()[投票]
★3主人公が「村木」のせいもあり、相米慎二の映画とは言えど石井隆の色も強かった。それにしてもあの場面で白い靴下というのはなぁ…。彼のいけてない様を出すための演出なのだとしたら絶妙。 (tredair)[投票]
★5裏町の石段を下ったどん底に、男がひとり。吸い寄せられるように、石段を降りた女がふたり。三人が見てきたのは地獄。桜吹雪に香るのは修羅の春。ラストシーンは絶品。 (ぽんしゅう)[投票(5)]
★4路地裏の石段とかにわびしさがあって好き。京都で観光の暇つぶしにみたけど、よかったです。 (ぱーこ)[投票]
★4寺田農のスケベヨレヨレぶりがいいです。速水典子もつかのま輝いてます。 (hakaida)[投票]
★3場末な雰囲気がよく出ています (FRAGILE)[投票]
★3速水と寺田のコンビがいい。 (丹下左膳)[投票]
★5ロマン・ポルノというジャンル分けをされるが、多くの人に見てもらいたい。BGMに使われている山口百恵の「夜へ」が耳に残る。 (ユージ)[投票]