コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ことの次第(1982/独)
- 更新順 (1/1) -

★33.5点。ヴェンダースらしい待ち続ける倦怠が描かれる前半は良いのだが、後半はあまりにド直球過ぎて引いてしまった。映画監督はもっと冷めてないと。 (赤い戦車)[投票]
★3キャンピングカーでまるっきり噛み合わないふたり。『ハメット』辛かったんだね監督。 (黒魔羅)[投票]
★2生気の無さというか、魂の無さというか、とにかく耐えられなかった。 (24)[投票(1)]
★3プログレ映画。なんだかなまぬるーい、だるーい気持ちになる。 (tomcot)[投票]
★2トリュフォーみたいな確信犯になれる野郎じゃないとこういうのはやめた方がいい。ゴダールとかあんたとかは頭が良すぎるんだ…。人事ながら見てて恥ずかしいよ。 (けにろん)[投票(1)]
★4ヤクザから逃げ回るプロデューサーが言う。「映画には物語が必要だ」 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★3評論家の志賀隆生氏が「ヴェンダースは映画が分かってない!」と言っていたけど何となく同感。映画を愛してるのは分かるけどこんなに「映画の為の映画」ばかり撮られてもなあ...って感じ。 (kaki)[投票(2)]
★4学生映画にありがちな「何かデカイことやってやる!」という思いは感じたが、その思いだけが空回りしている。つまり、いつも通りのヴェンダースだ。 ()[投票(1)]
★5最初の15分間。この、人類の放射能滅亡のようなものものしさ。死にいくものの退屈。あとの1.5時間は死に至るほどの私たちの物凄い退屈。そういう意味でも私はこれをヴェンダースの最高作と仰ぐ。 (セント)[投票(2)]
★1ダラダラダラダラ退屈したねー。ヴェンダース苦手。 (Curryrice)[投票]
★4モノクロ映像とともに映画への思いが伝わりました。やっとお目にかかれたので喜びも一入! (kekota)[投票]
★4ヴェンダースって元々SF志向の強いヒトだったんですね。あ、あとバーのカウンターも好きねぇ。 [review] (立秋)[投票]
★3ヴェンダースの当時の映画に対する考えがわかって興味深いことは興味深いんだけど・・・ (マック)[投票(1)]
★2僕の中ではベンダース今回ははずれでした。 (ころ阿弥)[投票]
★481/2』とか『パッション』とか映画製作(の困難)をテーマにした映画には面白いものが多いですね。 (とんとん)[投票]