コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 竜馬の妻とその夫と愛人(2002/日)
- 更新順 (1/1) -

★3チームワークは大事ですが、三谷幸喜だけは全部一人でやった方が味が出ると思います。 (カレルレン)[投票]
★2三谷幸喜の脚本にかみ合わない市川演出。従来の三谷ファンでこの演出が好みの方がどの位いるか… (牛乳瓶)[投票]
★3鈴木京香の悪女っぽさがいい。 (桜桃)[投票]
★2佐藤B作あめくみちこの舞台版もイマイチでしたが・・・ やっぱり、どうしても市川準のぼんやりしたメッセージ性のない作風は、僕は嫌いです。 (ぱちーの)[投票]
★4ロングショット多用の新映像に驚かされるが、そこにはもう市川の爛熟さえ伺われる余裕、ワールドが展開される。まあ、坂本病に取りつかれた人たちの歓喜のさま、それは現代にまで続いている。市川の亜流と思える作品なのだが、実力一級品。 (セント)[投票]
★4今までの市川準監督作品と比べると、肌触りの少し違った仕上がりになった。落ち着いた映像に、今までにない軽妙洒脱な演出が加わることで、舞台劇のようなノリになった。役者たちがややもすると、行き過ぎというか、空回りしている感が、ないでもないが、それぞれがくっきりと際立った人物造詣で、楽しめた。ところで、少しお目当てだった『ざわざわ下北沢』の北川智子は、ほんのちょっぴりだけ。うーむ…。 (ことは)[投票(2)]
★3ドタバタ喜劇がなりきっていないのでは・・・? [review] (RED DANCER)[投票(1)]
★5憲さんて安っぽい演技させたら最高っスね。中井と江口も最高。個人的にはトータスの存在感が残ってるなぁ。とりあえず観るべき(w (tora)[投票(1)]
★2NHK大河ドラマ「新選組!」 と同じ三谷幸喜脚本。 坂本竜馬役に 江口洋介(新選組!と同)を起用ということで、 特に、竜馬暗殺をどう描かれるのか知りたくて興味深く見ました・・すると・・・ [review] (fufu)[投票]
★3「やっちゃった?‥‥あ、時間あります?」‥ノリタケの天然演技と鈴木京香の好演の間で中井がひとり居場所がない。 (HAL9000)[投票(1)]
★4鈴木京香の匂い立つような悪女ぶりに、中井、木梨、江口みな振り回されっぱなし。そりゃそうだ、ここにはいない「真の主役」にまつわる哀しい女の嘘など、男ごときには暴き出せんからなあ…。三谷幸喜の軽妙な脚本に、市川準のソフトな画面と「ダニー・ボーイ」の哀感に溢れたメロディが陰影を添える。 (水那岐)[投票(2)]
★3「その夫」を演じる木梨憲武の最後の叫びが印象的。あんな風に思われたら、たしかに… [review] (わわ)[投票]
★2普段4畳半で遊んでいる子供には、お外は広すぎたようで… [review] (billy-ze-kick)[投票]
★4木梨の意外なほどのがんばりと軽妙さに驚く。主役の器ではないもののとても良いバイプレイヤーになりそう。そこへいくと江口はちょっとこの役には重すぎたか。狸目の鈴木にああやって添い寝されたら確かにちょっとぐらつくかも。物語ではなく役者を見る映画だったとは。 (tkcrows)[投票(1)]
★3この笑いは舞台がいいと思うのです。2003.1.13 [review] (鵜 白 舞)[投票]
★3やはり密閉された空間で、活きる三谷脚本。中盤が、がぜん盛り上がる。坂本竜馬を愛し、そして翻弄され続けた人間たちを実に愛を持って描いている。木梨はややハメを外し過ぎだが、活き活きと好演。竜馬ファンも納得の作品では? (chilidog)[投票(1)]
★4松兵衛のおりょうに対して叫ぶセリフに感動してつい涙。 [review] (にゃんこ)[投票(2)]
★3基本的に感情移入を拒む市川準監督の演出が、少ない登場人物でテンポよく進む三谷的ドラマ性とはややずれがあった感じ。ただ木梨憲武をはじめ、役者陣は、三谷氏の描く、幻にしか支えを求め得ないキャラクターを受け止めていたと思う。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(2)]
★3三谷×市川、セリフと場景の狭間に生じる距離の妙な感じがいい感じになりそでならない。結局最後に残ったのは鈴木京香のうつくしさ(おそらくこれまでで一番)。 (きめこめ)[投票(1)]
★4舞台ならもっと笑えたろうといったことは関係ない。なぜならこれは、あまりに偉大な男と関わってしまったがための“悲劇”なのだから。 (ペペロンチーノ)[投票]