コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

この自由な世界で (2007/スペインポーランド)

It's a Free World...

[Drama]
製作総指揮ウルリッヒ・フェルスベルク
製作レベッカ・オブライエン / ケン・ローチ
監督ケン・ローチ
脚本ポール・ラヴァティ
撮影ナイジェル・ウィロウビー
美術ファーガス・クレッグ
音楽ジョージ・フェントン
衣装キャロル・K・ミラー
出演キルストン・ウェアリング / ジュリエット・エリス / レズワフ・ズレク / ジョー・シフリート / コリン・コーリン / マギー・ラッセル / レイモンド・マーンズ / ダヴード・ラスタグー
あらすじ職業紹介会社で働くシングルマザーのアンジー(キルストン・ウェアリング)は、ある日理不尽な理由でクビになり、ルームメイトのローズ(ジュリエット・エリス)と組んで自ら職業紹介所を開くことにする。ポーランド人労働者の青年・カロル(レズワフ・ズレク)の助けもあり、事業は堅調だったが、あるきっかけで不法滞在の労働者を違法に雇うことに。そして、彼女に転機が訪れる…。[96分/カラー/アメリカンヴィスタ] [more] (Yasu)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ケン・ローチ節、健在。政治による規制が一律悪ではないことを理解する意味で重要な事例を提示した映画である。 [review] (Master)[投票(1)]
★4「自由」とは自分の好きなようにしていいという意味ではない。自由であるが故のリスクも責任もつきまとうのである。[シネ・アミューズ・ウェスト] [review] (Yasu)[投票(1)]
★4エゴときどき善。嘘を見通すチカラ。ワールドカップ出場国紹介にこの現実を加えたいと思うのは、一過性の善。自分の国の恵まれた環境を認識して、明日の頑張りにつなげようとする甘っちょろい自分。 (しゃけはらす)[投票]
★4結局だれも自由ではないのだろうか。ケン・ローチはあくまでも冷静に「リアル」を魅せてくれる。つまり、(自分に、もしくは悲劇に)酔ってない。だからこの監督すき。 (あちこ)[投票]
★4「幸せ」とは相対的なものなのか?自分より不幸な人がいれば幸せだと思えるのだろうか。「あなたはどうですか?」と問いかけられたような気がした。思わぬ終わり方にはいささかびっくり。だが、この終わり方も含めてすべてがケン・ローチ監督の手の上か。 [review] (シーチキン)[投票]
★4自由は素晴らしいものであることは間違いないのですが、それ故に自由を悪用する輩が多いのも事実なんですよね・・・・・。 [review] (TM(H19.1加入))[投票]
★4やはりケン・ローチ監督は徹底的にリアリズムなのね。 [review] (uko243)[投票]
★4ケン・ローチの視点は、冷静さを失った者を冷静に見つめている気がする。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★3確かに「現実」に似た映画ではあるのかもしれない。いろいろと考えさせられる、心を締めつけられる。このような現実のキツさに挑んだ映画を撮り続けるローチの良心こそ、いま世界が必要としているものだとさえ思う。しかしこの映画は具体性を欠いている。抽象的だ。 [review] (3819695)[投票(2)]
Ratings
5点1人*
4点12人************
3点10人**********
2点2人**
1点0人
25人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「この自由な世界で」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「It's a Free World...」[Google|Yahoo!]