コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

その木戸を通って (1993/)

Fusa

[Drama]
製作総指揮能村庸一 / 遠藤龍之介
製作酒井彰 / 鎌田敏郎
監督市川崑
脚本中村努 / 市川崑
原作山本周五郎
撮影秋場武男
美術松下朗 / 荒川淳彦
音楽谷川賢作
出演浅野ゆう子 / 中井貴一 / フランキー堺 / 井川比佐志 / 岸田今日子 / 石坂浩二 / 神山繁 / 榎木孝明
あらすじ正四郎(中井貴一)の家にある日突然記憶喪失の娘(浅野ゆう子)がやって来る。折しも正四郎は婚礼間近の身。当初は幸運な出世街道を行く自分に対する嫌がらせかと疑い、娘の存在を疎ましがる正四郎だったが、その気だての良さや素朴な美しさに徐々に惹かれていく。やがてその娘は「ふさ」と呼ばれるようになる。正四郎は婚約を解消し、「ふさ」と結婚するのだった。 [more] (3WA.C)[投票]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ハイビジョンとかもう全然分かってなくて、新境地とかも本当分かってないんだけど、とりあえず市川崑のこだわりってものがものすごく見て取れる。 [review] (づん)[投票(2)]
★4浅野ゆう子の当たり役って鬼頭月代(のみ)だと確信してるが、これもなかなか良いかもしれない。彼女に余計なことを言わせないやらせないという演出が勝因。 [review] (3WA.C)[投票(1)]
★4美しいロケの光景と映像には見るべきものもあるが、それ以上に目を引くのは、役者たちの立ち居振る舞いだ。例え剣戟はなくとも、男たち、女たちの刀を扱うシーンの美しさには目を見張る。 [review] (シーチキン)[投票]
★4こんな作品があったなんて驚きですね。冒頭の山にかぶさる雨のシーンだけでも十分です。 [review] (chokobo)[投票]
★3お話自体に、浮世離れした寓話の様な不思議な味わいがある。それをハイビジョンを駆使した映像美が支えている。 [review] (ハイタカ)[投票(2)]
★3泣くにも泣けぬ持って行き場無い遣り切れなさだが、中井の人生での淡い華やぎの数年間を親世代のフランキー井川石坂は慈愛で見守る、その至福。日本版『心の旅路』的小世界に異論無いが、矢張りこの画質と軽量感は映画に似て非なるもの。 (けにろん)[投票(1)]
★3日本初の試みは、市川崑の私的な物語だった。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★3ああ、これは「夕鶴」なんだな、と思った。成る程、「かぐや姫」でもあるのですね。日本的な心象を美しく描いた小品。海外でも理解されたのなら嬉しい事です。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★3かぐや姫であれば月を愛でることで心も癒せるのだろうか。いや、逆だろう。姿はもちろん痕跡すらいっそ目にしない方が心休まるだろう。男の子(中井貴一)の気持を察する大人の男たち(フランキー堺井川比佐志)の優しさに幸福の幅と数奇が潜む。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点0人
4点7人*******
3点7人*******
2点0人
1点0人
14人平均 ★3.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「その木戸を通って」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Fusa」[Google|Yahoo!]