コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

64-ロクヨン-後編 (2016/)

[Mystery/Drama]
製作総指揮平野隆
監督瀬々敬久
脚本久松真一 / 瀬々敬久
原作横山秀夫
撮影斉藤幸一
美術磯見俊裕
音楽村松崇継
衣装纐纈春樹
特撮立石勝
出演佐藤浩市 / 綾野剛 / 榮倉奈々 / 夏川結衣 / 瑛太 / 三浦友和 / 永瀬正敏 / 緒形直人 / 窪田正孝 / 筒井道隆 / 坂口健太郎 / 赤井英和 / 鶴田真由 / 金井勇太 / 菅田俊 / 菅原大吉 / 小澤征悦 / 柄本佑 / 椎名桔平 / 烏丸せつこ / 滝藤賢一 / 奥田瑛二 / 仲村トオル / 吉岡秀隆
あらすじ昭和64年1月3日、少女誘拐事件が発生。その事件は“ロクヨン”と呼ばれ未解決のまま、昭和天皇の崩御とともに止まったままの過去に封印されていた。時効が近づいた平成14年。当時、担当刑事として捜査にあたり今は警務部広報官となっていた三上(佐藤浩市)は、松岡部長(三浦友和)率いる刑事部の慌ただしい動きを察知し驚愕する。なんと“ロクヨン”と、そっくり同じ経緯をたどる誘拐事件が発生したのだ。それも警察庁長官の訪問に時を合わせるように起きたのだ。何故、犯人は14年間の沈黙を破り新たな事件を起こしたのか。警察内部の対立による陰謀説も浮上するなか、三上らは封印された「あの時」に引き戻されるのだった。(119分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全7 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3前編が「忍耐の巻」なら後編は「ブチ切れの巻」のはずが、話しが組織(警察)から個人(娘)に移行するにつれて、どんどん湿気が増してきて女々しさの洪水。いっこうに怒りの導火線に火が付かず、涙、涙のお父さんたちは、どんど焼きの炎を前にくすぶり続けるのでした。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3「刑事はそんなことも解んねえのか」との浩市の嗚咽は友和他の頭上を上滑る。映画はそこに収斂するようには仕組まれてない。『砂の器』的な情への浸り方が出来ぬのならいっそ言わせぬ方がいい。機構側の男達の多くの屈託もその構成の断層に埋没した。 (けにろん)[投票(2)]
★3映画の結末どうこうより、時速90キロで爆走する白のソアラに燃えた僕をお許しください…。。70/100 (たろ)[投票]
★2ドラマ版と比較する必要はないのだが、全然別の物語になっている。映画版は例えるなら大人のお子様ランチ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(3)]
★2★2.5脚本が作り込んでいる割には説得力がない。感情のあり方がどうもよくわからない。言葉で説明しないのはいいが、表情のアップ見せればいいてもんじゃないだろ。つまりは見せ方が悪い。それで役者が生きてこない。ドラマの役でなく、役者の存在感に頼っている、と見える。見せ場はいくらでも作れたと思うが。 (ぱーこ)[投票(1)]
★2後半の模倣64のネタバレが早すぎる。WOWOWドラマの方が数倍マシ。キャストが豪華なだけにもったいない。 (IN4MATION)[投票]
★2前後半に分けたことで中だるみ、最後は無理に収束した感も否めない。細部まで監督の目が行き届いていない印象も。俳優の質が揃っておらず、佐藤浩市の早口が裏目に出る(セリフがわかんないぞ)。前半の緊張感が薄れ「学芸会」レベルになった。 (jollyjoker)[投票]
Ratings
5点0人
4点2人**
3点8人********
2点6人******
1点1人*
17人平均 ★2.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「64-ロクヨン-後編」[Google|Yahoo!(J)|goo]