コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

春婦伝 (1965/)

監督鈴木清順
脚本高岩肇
原作田村泰次郎
撮影永塚一栄
美術木村威夫
音楽山本直純
出演川地民夫 / 野川由美子 / 石井富子 / 玉川伊佐男 / 今井和子 / 若葉めぐみ / 松尾嘉代 / 森みどり / 初井言榮 / 小沢昭一 / 藤岡重慶 / 平田大三郎 / 江角英明 / 加地健太郎 / 久松洪介 / 高品格 / 下元勉 / 木島一郎 / 杉山俊夫
あらすじ中国の荒野をトラックが行く。日本兵のために集められた慰安婦の一行である。その中に男に裏切られ自暴自棄の娼婦・春美(野川由美子)がいた。春美の目は刺すように鋭い・・・。僻地の村に着いたその夜、娼館に大挙して兵隊達がやって来た。女7人、兵士は1000人である。春美の相手は成田中尉(玉川伊佐男)。軍刀を振りかざす乱暴で傲慢な男である。しかし、かつての恋人への思いを成田に重ね、春美の肉体は成田を強く求め始める。一方、体とは逆に春美の心は別の男に向かい始める。成田の当番兵を勤める三等兵・三上(川地民夫)。澄んだ目をした生真面目な男である。原作は田村泰次郎。監督鈴木清順。(白黒/ワイド) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5軍部批判の右翼が叫ぶ「天皇陛下万歳」は、コリアン慰安婦初井言榮によりさらに批評される。センチな清順、らしからぬ方の傑作(含原作のネタバレ)。 [review] (寒山拾得)[投票]
★5清順の映画は「オペレッタ」だけではない。少なくともこの映画は「演歌」だ。「天城越え」だ。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★4ほとんどの画面において2種類以上の運動が見られる。主人公が会話する部分とは別に、奥や扉の裏側で全く関係の無い人物の動きが描かれており、それは要するに構図の非中心化を促し、ひいては画面内だけに留まらぬオフスクリーンの「世界」をそこに立ち現させ、映画を豊かにする。 [review] (赤い戦車)[投票(1)]
★4人間どん底でも、プライドさえ捨てれば生きてはゆける。本当の女性の強さを描いた作品だと思う。砲弾の中を駆け抜けてゆく主人公の姿が清順的でポップだ。 (takud-osaka)[投票]
★4なにはともあれ、セットがすばらしい。こういう美術って、最近の邦画ではあまり観ない気がする。清順の演出は、士官の部屋でのやりとりで最高潮に冴える。そしてせっかちな清順リズム。それが恋するふたりのはやる気持ちとシンクロしてて、すばらしい。 (エピキュリアン)[投票]
★4野川由美子がたいへん美しい。川地民夫も役柄にあったキャラクター。 従軍慰安婦問題を知るには、この映画で! (フランコ)[投票]
★3まあ前衛!映像の表現を模索。にしてはストーリーがこれ?ドラマも映像もどっちつかず。アクションとしては清順、あなたは凄い。 (バーボンボンバー)[投票(1)]
★3女は流れて底まで落ちた。大底だから見える周りの世界。見上げた世界は狂気の世界。惚れた男もその中に・・・。呼んで戻らぬ男なら、ともに底まで落ちるまで。・・・いや、どちらが底かは分からない。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3この時代このテーマで映画作れるのは日本だけ。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3野川由美子の演技が上滑り。気合だけではどうにもならない事もある。ちなみに、老け役以外の初井言榮を見たのは初めて。 (りかちゅ)[投票]
★2土台ちゃんとした物語なのだから、いじくる必要もないのに、いじくってしまったケレンが煩わしくさえある。清順流の繋ぎは時と場所を選ぶと言うことじゃなかろうか。場末的廉価感は的を射るにはターゲットは限定されるということだ。 (けにろん)[投票(1)]
Ratings
5点3人***
4点8人********
3点10人**********
2点1人*
1点0人
22人平均 ★3.6(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]赤線青線物語 (町田)[投票(5)]
愛憎の狭間の3人の男〜憎み切れないろくでなし〜(邦画篇) (けにろん)[投票(4)]
Links
検索「春婦伝」[Google|Yahoo!(J)|goo]