コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

神田川 (1974/)

[Drama/Romance]
製作藤岡豊 / 川野泰彦
監督出目昌伸
脚本中西隆三
原作喜多条忠
撮影原一民
美術竹中和雄
音楽佐藤允彦
出演関根恵子 / 草刈正雄 / 花沢徳衛 / 神山繁 / 賀原夏子 / 勝部演之 / 黒沢のり子 / 鳳八千代 / 名古屋章 / 北見敏之
あらすじマコト(草刈正雄)は人形劇サークルに所属する大学生(たぶん早稲田)。近所の零細出版社の事務員・ミチコ(関根恵子)と知り合い、神田川の水源をたどる初デートで彼女から新作人形劇「新かぐや姫」のヒントをもらう。次第に惹かれ合うようになった二人は、ミチコの「窓の下には神田川 三畳一間の小さな下宿」で同棲を始める。エリートであるマコトの兄はそんな弟に不満を感じていた…。つつましくもささやかな幸せに溢れた日々を送っていた二人に暗い影が忍び寄る。/カラー/84分 (緑雨)[投票]
Comments
全11 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3自宅の布団の中で落合恵子ことレモンちゃんの声だけで逝けたあの頃。ニキビ面の少年には、こんな三畳一間があこがれだった。貧乏だが自由があった。早く大人になりたかったあの頃。捨てたいモノがありすぎたあの頃。 (sawa:38)[投票(3)]
★3内容はともかく70年代の雰囲気が遺憾なく伝わり興味深かった。主演の高橋恵子もデビュー間もないと見え、まだ鈍そうだけど正統派の美人なのがスクリーンに説得力を持たせている。人形劇とか草刈正雄のファッションとかガロしてて良い。 [review] (TOBBY)[投票]
★3ま、唄と映画の内容は直接には無関係ということで。関根恵子の映画として観る分にはちょっとおとなしいけど問題なし。 (熱田海之)[投票]
★3高橋恵子若いね (TOMIMORI)[投票]
★2名曲「神田川」の世界はそれなりに映像化されていたとは思うが…人権蹂躙も甚だしいストーリーには隔世の感有り。 (緑雨)[投票(1)]
★2恐ろしく不愉快。こんな、不愉快な話が罷り通る時代だったのか。しかも、突っ込み所も満載。 [review] (直人)[投票]
★2いかにも“日本映画的”な内容なのに、草刈正雄さんがアップで映るたび、なんとなく洋画を観ているみたい。顔立ちが男前すぎて違和感を覚えるというか、マッチしないというか、そんな感じ。どちらにしても弁当箱のシーンは、さすがに目のやり場に困った。 (リヤン)[投票]
★2東京での同棲生活と聞いただけでアレヤコレヤと妄想ふくらませ頭も股間も爆発しそうな田舎の少年だった私にとって、あまりにも楽しくない映画だった。演出スタイルは70年代風ながら、この脚本の価値観は四畳半の破れ襖のごとくカビ臭く畳のごとく湿っぽい。 (ぽんしゅう)[投票]
★2中学の修学旅行が都内観光だった。友人Kは「あこがれの」神田川の汚さに絶句していたが、すでに映画を観ていた俺は「さすがに人形は流れてないよな」とか、訳の分からない感想を述べていた。でも、いったい幾つの時にこの映画観たんだ、俺!? (ナム太郎)[投票]
★2コップに寄りそうのはカタカナで名前の書かれたハブラシ……突然そんな子供っぽさというか、往時のリアリティが出てくるあたりが、いまやある種の民俗資料。 [review] (かける)[投票]
★2神田川の曲で膨らんだイメージがあるだけに・・・。 (RED DANCER)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点9人*********
2点13人*************
1点0人
23人平均 ★2.5(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
先ずヒット曲ありき −邦画編− (アルシュ)[投票]
Links
検索「神田川」[Google|Yahoo!(J)|goo]