コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 真夏の方程式(2013/日)
- 更新順 (1/1) -

★3これは前作と違って、事件の解明と人生の課題の暴露が十分に連携できていない。全容解明後、前田吟の人生の物語が始まるが、本編から独立した話に見えてしまい、吟の小物性が暴露されただけで終わっているように感ぜられた。 [review] (disjunctive)[投票]
★5これって、福山雅治版『○○○』じゃないの。(○は赤レビューで) [review] (シーチキン)[投票]
★4劇場公開作品としては小粒なミステリー感かもしれないが、西伊豆の風光明媚なローカル色と相まって、2時間余りの間、ほろ苦い大人の夏休みを味わえる。また、劇中キーマンになる少年と同じ年頃の子供に見せた場合、どの様な反応・感想を抱くのか?事実を知らず幸せになるのもあり、事実を知ってるから尚更幸せにってのは個人の気持ち一つに左右され、慎重を要するね。 (クワドラAS)[投票]
★3正直に生きないと、嘘に嘘を塗り重ねるってことですなー。 (stimpy)[投票]
★3随分ずさんな作品で、物語自体が推理ものになっていない。酷な言い方をすれば、ガリレオと少年の心の交流で受けを狙っただけのようにも思われる。杏は好感度良し。吉高は厚化粧過ぎ、メイキャップさんやり過ぎ。柴崎の方がよかった。 (KEI)[投票]
★4被害者が浮かばれぬ犯行動機の弱さはさておき、西谷弘の人物が1対1になった際の台詞そのものの良さを引き立てる演出力には、TVを離れた純粋な映画監督としての才を感じた。傘や花火、魚の色を際立たす青を基調とした画作りや吉高を除く配役もよい。 (ナム太郎)[投票]
★2へぇ〜、ガリレオでもこんな理不尽な終わり方で許されるのもあり得るんだ? 『容疑者Xの献身』での湯川とは打って変わっての温情だなぁ。仮説は簡単に実証できると思うけど。冒頭の息遣いの演出もちょっと気に入らない。reviewは『容疑者X……』のネタバレを含むので閲覧注意→ [review] (IN4MATION)[投票(1)]
★3「距離」を埋めるための「真理」。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★3実につまらない。子役ががんばっていたので★3つ [review] (ぱーこ)[投票(2)]
★5単なるドラマの延長線ではない、ドラマ映画化のひとつの到達点まで辿り着いた作品。 [review] (kazooJTR)[投票(2)]
★4冒頭のテロップで何故か前田 吟の名が目に止まった。この人、こんな映画にも出てるんだ。頑張っているのは嬉しいけれどスター役者達を蔭で支える端役ばかりで何だか寂しいよなぁ…。☆3.9点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★4湯川と恭平の絡みがいい。特に終盤のやり取りはグッと来る。 [review] (パピヨン)[投票(1)]
★3ガリレオと子供との会話・駆け引きが結構楽しい。単なるペットボトルから200メートル先の海の様子を観察する実験道具の製造等、この辺りは映画ならではの楽しさが溢れている。 [review] (セント)[投票(2)]
★4ここでも西谷弘は涙ぐましい努力でもって、本格的な「映画」を仕上げようと頑張っている。 [review] (赤い戦車)[投票]