コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ラ・パロマ (1974/スイス)

La Paloma

監督ダニエル・シュミット
脚本ダニエル・シュミット
撮影レナート・ベルタ
音楽ゴットフリート・ヒュンクスベルク
出演イングリット・カーフェン / ペーター・ケルン / ペーター・シャテル / ビュル・オジエ
あらすじ娼婦であり歌姫でもある(まるで『嘆きの天使』等でのマレーネ・ディートリッヒを思わせるキャラの)ラ・パロマと、彼女に惚れ込みプロポーズする(つまり例のニワトリ教授を思わせる)青年貴族イジドールの不思議な恋物語。バリバリのメロドラマではあるが、へんてこなカメラやあやしい演技、突然はじまるオペレッタなどデカダン風味の見どころ(つまり眠りどころでもある)がいっぱい。独特の、腐りかけの桃のような色香が全編を通し気だるく漂い、最後まで起きていられれば「映像の魔術師」ダニエル・シュミットを堪能。できるだろう1時間50分。眠れぬ夜にオススメします。 (tredair)[投票(2)]
Comments
全9 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5歪みきった『嘆きの天使』かと思っていたら、いきなり『ツィゴイネルワイゼン』的な世界へ。熱烈再映希望。何が何でも劇場で見たい。ただし、観賞後にちゃんと家に帰れるかどうかはやや不安でもある。 [review] (tredair)[投票(4)]
★5完全にネタばれを書いちゃうので→ [review] (ジェリー)[投票(4)]
★5イングリッド・カーフェンとペーター・カーン。70年代映画の中で見た、個人的最高にキッチュなカップル。 [review] (くたー)[投票(2)]
★4この映画は幻。 (太陽と戦慄)[投票(4)]
★4愛の極限への、思考実験というか映像実験。ダニエル・シュミットは、腐りかけた文化、愛、肉体などなど、こういうものを味わえる舌の持ち主。レナード・ベルタのカメラも、そういう舌みたいだ。あー、私も味わいたい。 (エピキュリアン)[投票(1)]
★4イジドールの愛とパロマの愛の壮絶な応酬に胸が詰まる。 [review] (田原木)[投票]
★3この映画、私にはどうにも好きになれない。有名な山頂のデュエットシーンは確かに素晴らしいし、各シーンである種の突出を感じさせる映画だが、のっけから自分の好みじゃない演出が延々と続いて私にはダメ。レナート・ベルタの素晴らしい撮影が勿体ないと思えて仕方がなかった。 (ゑぎ)[投票(1)]
★3ペーター・カーンという子供みたいな大人、幸せそうな肥満男を観るだけでも価値があるだろう。 (丹下左膳)[投票(1)]
★3「霧のような案山子」と「豚のような男」。想像する力というほど想像力が働かない。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
Ratings
5点9人*********
4点11人***********
3点9人*********
2点0人
1点1人*
30人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
四方田犬彦が選ぶ、「世界映画史の113本」 (バーボンボンバー)[投票(18)]★★★★★★ (tredair)[投票(13)]
蓮實重彥ベスト141 (寒山)[投票(5)]カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]
<極私的POV>実は見た目と違うんです (くたー)[投票(3)]ラララララララララララ〜♪ (24)[投票(1)]
監督に愛される天使たち (tomcot)[投票]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ラ・パロマ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「La Paloma」[Google|Yahoo!]